SP932U Beam Profiling Camera

SP932U ビームプロファイリングカメラ

USB3.0 対応シリコンCMOS高分解能カメラ BeamGageソフトウェアに対応
 
概要: 

USB 3.0グローバルシャッターCMOS高分解能カメラ、特に利用頻度の高いNIRおよびNd:YAG波長で、BeamGageの新しい「ブルーミング補正」アルゴリズムを使用することにより精度が向上しています。 セットアップの多様性を高めるコンパクトな正方形のデザインを採用。

  • 有効ピクセル数 2048X1536 ピクセルサイズ3.4µm
  • フレームレート 24fps (フル解像度)
  • 新しい「ブルーミング補正」アルゴリズムによりスミアの発生無し
  • BeamGageのスタンダード、プロフェッショナルのソフトウェア付属

仕様

  • 190-1100nm
  • 34.5μm 5.3mm
  • USB 3.0
  • Silicon CMOS
  • CW, Pulsed
  • 7.06mm x 5.3mm
  • 2048 x 1536
  • 3.45μm x 3.45μm
  • 72 dB
  • 24fps
  • CE, UKCA, China RoHS
ビームプロファイラの選定は ビームプロファイラ・ウィザードをご利用ください。

製品概要

  • BGS-USB3-SP932U

    SP90606

    BeamGage Standard software, software license, 1/1.8" format 2048 x 1536 pixel camera with 4.5mm C mount CCD recess. Comes with USB 3.0 cable, Trigger Cable and 3 ND filters

    御見積り
  • BGP-USB3-SP932U

    SP90607

    BeamGage Professional software, software license, 1/1.8" format 2048 x 1536 pixel camera with 4.5mm C mount CCD recess. Comes with USB 3.0 cable, Trigger Cable and 3 ND filters

    御見積り
  • BGS TO BGP UPGRADE

    SP90233

    BeamGageスタンダード版からプロフェッショナル版へアップグレード。動作にはカメラキーが必要。

    御見積り
  • BeamGage StandardBeamGageスタンダード版
    レーザビーム解析用BeamGageビームゲージソフトウェア・スタンダード版は、数多くのISO規格に準拠した測定に対応、UtraCal™ ウルトラキャルアルゴリズム(特許取得済み)は業界で最も高い計測精度を誇ります。
  • BeamGage ProfessionalBeamGageプロフェッショナル版
    レーザビーム解析用BeamGageビームゲージソフトウェア・プロフェッショナル版は、スタンダード版の機能に追加機能が含まれています。全てのカメラに対応、ウインドウが仕切られて表示されるので1台のカメラでマルチビーム解析に対応、ユーザのアプリケーションに最適化できるよう.NETオートメーションインターフェースに対応しています。

FAQ

What is the advantage of the SP932U camera?

CMOS sensor used in the SP932U camera has an advantage over CCD Ophir cameras due to the possibility of faster measurement speed and lack of Smearing Effect.

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

Why SP932U camera is the most suitable for NIR wavelengths beam profiling?

SP932U exploits a special mathematical algorithm to remove the "Blooming Effect" at 1000-1100nm.
Each camera is specially calibrated to remove the blooming and provide precise beam profiling measurement at popular NIR and Nd: YAG ranges.

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

動画

Video Series: BeamGage Tutorials Video Series: BeamGage Tutorials
レーザ計測&ビームプロファイルの基礎 レーザ計測&ビームプロファイルの基礎 レーザ計測&ビームプロファイルの基礎

レーザ計測&ビームプロファイルの基礎についての説明です。

工業、メディカルデバイスアプリケーションにおけるレーザフォーカススポット径の計測 工業、メディカルデバイスアプリケーションにおけるレーザフォーカススポット径の計測 工業、メディカルデバイスアプリケーションにおけるレーザフォーカススポット径の計測

カメラベースのビームプロファイラシステムのセットアップ方法を工業用シングルパルスレーザ溶接システムを例にご紹介します。

How to Design Your Perfect Laser Beam with BeamMaker How to Design Your Perfect Laser Beam with BeamMaker How to Design Your Perfect Laser Beam with BeamMaker

BeamMaker helps engineers, technicians, and researchers understand a beam's modal content by subtracting theoretically generated modes from real beam measurement data. Derive a perfect beam profile by specifying the mode, size, width, height, intensity, angle, and noise content - then comparing it to theoretically derived measurements. The end result is knowledge about how much the real beam varies from the desired beam.

Watch the BeamGage Tutuorials, including tips on handling your CCD camera, software install, introduction to the BeamGage user interface, the context-sensitive help system and user manual, customizing your reporting environment, and configuring BeamGage to display specific laser measurements.

Support

チュートリアル

同一条件での比較:レーザビームアプリケーションに最適なカメラ技術はどれですか?

1997年、 Spiricon Inc.,の創設者であるDr. Carlos Roundyはドイツミュンヘンでの第4回インターナショナルワークショップ(レーザ&オプティクス)で発表しました。 詳細を見る

メディカルデバイスでの溶接における品質保障

パルスエネルギでレーザ溶接計測に多くのユーザが携わっていますが、全ての計測データは溶接の品質保障に対して必要でしょうか? Steve Schellenberg氏(Spinal Modulation)はその点について疑問を持っています。 詳細を見る

なぜ評価機器が初めに疑われるのか?

By Dick Rieley, Mid-Atlantic Regional Sales Manager, Ophir-Spiricon 詳細を見る

White Paper – ISO compliance of non-contact, real-time beam analysis

Here we show that non-contact beam profiling based on Rayleigh scattering fully complies with the ISO11146 standard 詳細を見る

Imaging UV light with CCD Cameras

Is it possible to image a UV laser with a Silicon Sensor CCD camera offered by Ophir-Spiricon? The answer is yes, but the direct UV light ablates Silicon CCD chips over time. The ablation is cumulative and depends on the intensity, the wavelength, and the duration of the light on the sensor. The best choice for imaging UV light without damage is to avoid directly imaging the beam on the CCD sensor by using an UV image converter... 詳細を見る

Understanding Dynamic Range…The Numbers Game

There is a fair amount of confusion caused by the reporting of dynamic range of beam profilers. The purpose of this applications note is to explain some of the terminology used in the discussion of this parameter by both Ophir- Spiricon and other suppliers of beam profilers. DefinitionDynamic Range is the ratio of the largest measurable signal to the smallest measurable signal. The smallest measurable signal is typically defined as that equal to the noise level, or alternatively the “Noise Equivalent Exposure” or that point where the Signal-to-noise ratio (SNR) is 1. To 詳細を見る

The Focal Length Divergence Measurement Method

The Focal Length Divergence measurement method is based upon the beam width of a focused beam’s spot size and the focal length of the focusing optic. The Focal Length Divergence method provides a means for finding the far-field beam divergence at any point in the beam propagation path. As shown below, the calculation performed by the BeamGage® software is quite simple; however the optical setup must be done with great care. 詳細を見る

Laser Beam Measurement Vocabulary

Wavelength: In physics, the wavelength of a sinusoidal wave is the spatial period of the wave— the distance over which the wave's shape repeats,[1] and the inverse of the spatial frequency. It is usually determined by considering the distance between consecutive corresponding points of the same phase, such as crests, troughs, or zero crossings and is a characteristic of both traveling waves and standing waves, as well as other spatial wave patterns.[2][3] Wavelength is commonly designated by the Greek letter lambda (λ)... 詳細を見る

White Paper – Beam Width Measurement Accuracy

Introduction 詳細を見る

White Paper – Apples to Apples: Which Camera Technologies Work Best for Beam Profiling Applications, Part 2: Baseline Methods and Mode Effects

By G.E. Slobodzian, Director of Engineering, Retired, Ophir-Spiricon 詳細を見る

BeamGage Profiling with .Net Automation Interface and LabVIEW®

BeamGage Professional and BeamGage Enterprise version 5.7 are supported with Automation via .Net components. Both include a LabVIEW example that can be run with the LabVIEW Run-Time Engine that is provided with the BeamGage software CD or available for free download from National Instruments. 詳細を見る

アクセサリ

上記製品に対応するアクセサリを各種ご用意しております
  • Optical Camera Trigger
    オプティカル カメラトリガーはトリガ機能オプションで、カメラ本体に設定して外部オプティカルトリガーでパルスに同期します。 オプティカル カメラトリガーシステムの構成はオプティカル カメラトリガー本体とオプションのC-マウントアダプター
  • 個別のフィルタが3枚付属、ND1フィルタは赤色ハウジング(透過率~10%@可視光)、ND2フィルタは黒色ハウジング(透過率~1%)、ND3フィルタは緑色ハウジング(透過率~0.1%)。各フィルタは重ねることでき、干渉が起きないようにハウジングの中で小さいウェッジアングルのセットの組合せで使用可能。
  • LBS-300 Attenuator
    The LBS-300s beam splitter attachment for C-mount, CS-mount, or Ophir mount cameras allow you to measure laser beams with diameters up to 15mm and powers ranging from 10mW to ~400W(1). The beam sampler is designed so that the preferential polarization selection effect of a single wedge is cancelled out and the resulting beam image is polarization
  • CCTV Lens
    カメラ正面でイメージングする場合、CCDチップ表面上に完全にフィットするようにイメージを縮小する必要があります。25mmと50mmのCCTVレンズをご用意しています。
  • ニアフィールドプロファイラーはCCDプロファイラーとスリット式スキャニングカメラ両方で使用可能で極小ビームをプロファイル可能。ディテクターアレイのピクセルサイズのために測定できない極小ビームを拡大。
  • 4X Beam Reducer
    4XビームリデューサーはイメージングシステムでCCDセンサーに装着されているリデューサー正面から平面30cmをイメージングしながらサイズを縮小反転。ビームリデューサーはカメラに付属されたアッテネーターの3つのネジを使用。縮小後のビーム強度は4x4=16倍に増加。
  • 4X UV Image Reducing Converter
    UVイメージ・コンバーターは蛍光板で、シリコンカメラにより微弱に投影された紫外光を可視光に同サイズで変換させCCDに投影。 蛍光板はUV変換用に設計されておりワイド・リニアダイナミックレンジ、高いダメージスレッショルドが特徴。
  • 4X Beam Expander
    ビームエキスパンダーは、4.5mmイメージ後焦点スペーシングまたはCS(12.5mm)後焦点スペーシングのCマウントカメラに対応するよう設計。4xビームエキスパンダーは拡大望遠鏡でCCDに装着されたエキスパンダー端から8mmでイメージを4倍に拡大。
  • Microscope Objectives
    ビーム拡大用に6X、12X、22Xマイクロスコープをご用意。バリアブルアッテネーター同様、様々なエキスパンダーは弊社の2%と10%のフィルタが使用できるので、カメラは光源強度に対してワイドレンジで対応可能。
  • Stackable Prism Front-Surface Beam Samplers
    減衰用プリズム(プリズム・フロントサーフィスビームサンプラー)はCマウントでUVグレードの合成石をハウジング。ハイパワー/エネルギービームプロファイルアプリケーションの表面反射のサンプリングに使用。
  • Stackable Beam Splitters
    スタッカブル・ビームスプリッターは組み合わせが容易で最短の光路で設計。Ophir のおおよそのカメラに対応、Cマウントでその他のアッテネーターにも対応。 
  • Beam Tap I & II
    レーザービームアッテネーター。ブロードバンドとYAGレーザーに対応。
  • UV-VIS-NIR (350-1100nm) 波長範囲 付属のNDフィルターによる減衰(ND1および2 X ND3)) Ophir標準  SP932Uカメラ(別売り)で動作します