集光スポットの測定

集光スポットアナライザー(FSA)は、266〜1100 nmの波長のレーザービームパワー分布と焦点スポットサイズを測定できます。 平均出力は1〜400Wで、焦点は25µmまで計測できます。 FSAは、重要な起動フェーズ中に焦点がパワーとともにどのようにシフトするかを測定するためにも使用できます。

  • 焦点スポットアナライザー(FSA)

    Focal Spot Analyzer
    レーザービームのパワー分布と、266〜1100 nmの波長の焦点サイズを測定します。 平均出力は1〜400Wで、焦点は37µmまで測定できます。 FSAは、重要な起動フェーズ中に焦点がパワーとともにどのようにシフトするかを測定するためにも使用できます。 FSAは、カメラ、ビームスプリッター、NDフィルター、BeamGageソフトウェアで構成しています。 焦点サイズ37μmまでの画像 レーザー出力最大400W(追加の外部NDフィルターが必要) 焦点距離が73mm以上の光学システムを測定できます(アセンブリ内の正確な光路長距離はNIST / National Labで校正され、校正証明書+/- 50µmが含まれます) テスト中のレーザーの歪みのないサンプルを生成 調整可能な減衰により、システムのダイナミックレンジを最大化 最大1 x 10-10減衰が利用可能(外部フィルターなし) Analyzerには、カメラ、減衰光学系、BeamGageソフトウェア、及び光路長校正証明書が含まれています
    製品詳細 >
  • BeamWatch ビームウォッチ

    BeamWatch
    BeamWatchビームウォッチ(特許取得済み)非接触ビームモニタリングシステムは、kWクラスの高出力ディスク・ファイバーレーザー(波長帯域980-1080nm)のビームプロファイル計測に対応。レイリー散乱の信号を計測。レーザー光は機構や光の特性に影響を与えることなく直接システム内部を通過し計測。システムは稼動部品が必要ない構成となっているので部品の冷却必要。数kWクラスの工業用高出力レーザービームプロファイル計測に最適。 ビームウエスト幅(スポット径55um) 測定出力400W以上(最大100kW検証済み) GigEカメラインターフェース ソフトウェア付属
    製品詳細 >