レーザパワーメータ ディスプレイ VEGA ベガ – レーザ計測のオフィールジャパン
レーザパワーメータ ディスプレイ VEGA ベガ – レーザ計測のオフィールジャパン
レーザパワーメータ ディスプレイ VEGA ベガ – レーザ計測のオフィールジャパン

Vega

7Z01560
カラー表示ハンディー・ディスプレイ レーザーパワー/エネルギーメーター
概要: 
  • Ophir のサーモパイルセンサー、ビームトラックセンサー、パイロエレクトリックセンサー、及びフォトダイオードセンサーに対応
  • 視認性に優れた大型液晶カラー画面(320x240ピクセル)
  • レーザー安全ゴーグルで作業するためのクリアな画面色
  • 暗がりでも操作が容易なイルミネーションキー
  • デジタル表示、アナログ指針表示
  • USB /RS232 インターフェース
  • 日本語 / 英語表示選択
  • アナログ出力
  • ソフトキーおよびメニュー機能(オンラインヘルプ付き)
  • パイロエレクトリックセンサーとの組み合わせで、最大4000Hzでのデータログ
  • 不揮発性内蔵メモリーに最大250,000ポイントの測定データ保持
  • レーザー調整画面とパワーログ
  • 2ポジションキックスタンド
  • LabVIEW VisとCOM Objectインターフェース

仕様

  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 1V,2V,5V,10V
  • RS232, USB
  • 非対応
  • N/A
  • 30Hz
  • N/A
  • 2000Hz
  • N/A
  • 250K
  • 対応(USB)
  • 対応
  • CE、中国RoHS
センサのモデル選択には、センサファインダが便利です。
または弊社までお気軽にお問合せください。

FAQ

複数台のセンサーを持っています。1台のディスプレイやインターフェースで全てのセンサーに互換性がありますか?

オフィール社のスマートヘッドセンサー技術により、センサーは異なったディスプレイやインターフェースで使用することができます。校正および設定情報はセンサーのスマートヘッドコネクター内部のROMに記録されていますので、異なったディスプレイやインターフェースと互換性があります。Novaの場合、センサーを外す前にNovaの電源をオフにする必要がありますが、Nova IIやVegaなど最近の機種では特に電源をオフにしなくてもセンサーを着脱して大丈夫です。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

ディスプレイが対応できる最大応答繰り返し周波数以上のパルス測定を行った場合どうなりますか?

パワーメーターディスプレイは最大周波数に近いレートで測定を行います。例えば、10kHzのパルスをPD10パイロエレクトリックセンサーとNova IIディスプレイの組み合せで測定すると、Nova IIの内蔵メモリーへの最大ログレートである4000Hzまで対応します。

Nova IIは4000Hzに近いレートでパルスを検出しサンプリングします。つまり、この場合はNova IIでは40%のパルスの測定結果が内蔵メモリーへ記録されます。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

ディスプレイのゼロ調整(ゼロ点設定)はどのような機能で、いつ行えばよいですか?

オフィール社の全てのレーザーパワー/エネルギー計測機器は、全ての調整(回路のゼロ調整を含む)がソフトウェア上で行われるので、調整は容易で正確です。ゼロ調整(ゼロ点設定)は、測定精度に影響を与える装置の内部バイアスを除去するものです。高精度の測定を行うためには2か月毎にゼロ調整を行うことを推奨します。商品購入時や測定環境が変わった時などにゼロ調整を行ってください。手順についてはユーザーマニュアルをご参照頂くか、別途お問合せください。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

他社のセンサーをオフィールのディスプレイやインターフェースで使用できますか?

できません。オフィール社の標準センサー(スマートヘッドコネクター付センサー)のみがオフィール社のディスプレイやインターフェースと使用できます。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

Nova IIやVegaのバージョンアップはユーザー側で行えますか?それとも返送が必要ですか?

パワー/エネルギーメーターのファームウェア(ディスプレイ内部のソフトウェア)のバージョンアップはユーザー側で行ことができます。まず最新のStarLabスターラボ ソフトウェアをホームページからダウンロードしてください。

1. 付属のUSBケーブルでコンピューターとディスプレイまたはインターフェースを接続する。

2. StarLabスターラボソフトウェアのページの下部から適切なファームウェアをダウンロードする。

3. StarLabアプリケーションを立ち上げる。

4. お使いのパワー/エネルギーメーターを選択し、”Diagnostics/診断” をクリックする。

5. お使いのパワー/エネルギーメーターを選択し、”Upgrade/更新” をクリックする。

6. 画面の指示に従って作業を行う。Upgrade dialogが開いたら、更新するバージョンを選択してStartボタンを押す。

 

以上の手順はこちらでイラストで説明してありますのでご参照ください。 https://www.ophiropt.com/jp/laser-measurement-instruments/laser-power-energy-meters/software/upgrade-firmware

 

作業中に問題(例えば、更新中にUSBケーブルが外れるなど)が発生すると更新は正しく行われません。パワー/エネルギーメーターを起動するとブランクの画面が立ち上がります。パワー/エネルギーメーターは引き続きコンピューターとの通信は可能ですので、再度、上記ファームウェアをインストールして下さい。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

StarLabを最新バージョンにアップグレードすると、センサー・ディスプレイがサポートされなくなりました。 どうしたらよいですか?

StarLabの新しいバージョンがリリースされる度に、センサー・ディスプレイにも追加機能や様々な問題に対応する為の追加サポートが付与されます。、そのため、センサー・ディスプレイのファームウェアを最新のバージョンにアップグレードする必要があります。 このリリースはStarLabパッケージに含まれており、センサー・ディスプレイを最新のバージョンにするには、[フィールドアップグレード]ダイアログよりアップグレードが可能です。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

計測器は校正を受ける必要がありますか。ある場合、校正を受ける頻度をお知らせください。

特に指定がない限り、オフィールのセンサー及びディスプレイは購入日から18か月以内に初回の校正を受けて頂く事をお勧め致します。その後は年次定期校正を受けて頂く事を推奨致します。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

ディスプレイのアナログ出力を使用してパワーの読み取り値を取得するにはどうすればよいですか? そしてそれはどのくらい正確ですか?

ディスプレイのアナログ出力-付属のモノラルピンジャックを使用-は、実際の読み取り値(実際には表示されているもののD / A変換)に比例する電圧信号を出力するため、完全に校正された読み取り値を表します。 フルスケール値は、使用しているメーターで選択している各電圧及び出力測定レンジで決定されます。たとえば、StarBright、Vega、Nova IIを使用すると、ユーザーは1v、2v、5v、または10vのフルスケールアナログ出力電圧を選択でき、選択した電圧の100%レベルがフルスケール電圧にスケーリングされます。 例:5Vフルスケールアナログ電圧を選択し、センサーが50Wフルスケールパワーレンジに設定されている場合、5V / 50Wまたは0.1V / Wになります。 選択した電圧と選択したフルスケールパワーレンジによって異なります。 出力される電圧の精度は、仕様(ユーザーマニュアルを参照)で±0.2%(読み取り値)±0.3%(センサーの読み取り値自体の校正精度に加えて)フルスケールボルトとして記載されています。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

どのくらいの頻度でパワーメーターを零点調整する必要がありますか?

最良の精度と再現性を得るには、各ディスプレイを定期的にセンサーに接続しないで零点調整してください。 使用するたびにディスプレイでの零点調整をしても問題はありませんが、少なくとも月に1回はメーターをゼロにすることをお勧めします。ディスプレイ固有の零点調整手順については、ディスプレイの取扱い説明書を参照してください。ディスプレイの取扱い説明書をご覧になられる場合またはダウンロードするにはhttps://www.ophiropt.com/laser--measurement/jp/laser-power-energy-meters/services/manualsにアクセスしてください。

 

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

メーターが再校正のために送られたときに、ファームウェアが最新バージョンにアップグレードされなかったのはなぜですか?

私たちの再校正プロセスは、特にアップグレードするように要求されない限り、再校正のために送られてきたディスプレイのファームウェアを自動的にアップグレードしないことです。 その理由は、現在検証されているファームウェアバージョンから変更できない機器検証プロセスを持つ医療会社など、多くの企業をサポートしているためです。 最新のファームウェアバージョンをインストールする必要がある場合、RMA要求チェックリストフォームで特別に要求されていれば、追加料金なしで(電子的にアップグレードされるディスプレイの場合)実行します。 EEPROMの変更によってアップグレードされる古いディスプレイ(Novaなど)の場合、ファームウェアのアップグレードが要求されると、わずかな料金が追加されます。 注意; ファームウェアをアップグレードしても、キャリブレーションには影響しません。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

Ophirディスプレイ用のユニバーサルACアダプター/充電器を購入できますか?

はい。 現在、Ophirディスプレイ用のスイッチングユニバーサルACアダプター/充電器を提供しています。 部品番号7E05029です。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

ディスプレイは正常に充電されているようですが、バッテリー電源が1時間未満しか持続しません。 バッテリーを交換する必要がありますか?

はい、バッテリーを交換する必要があります。 新しいバッテリーは、1回の充電で8時間持続します。 電池の交換と再校正のためにディスプレイを返送されることをお勧めします。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

付属のRS232ケーブルの接続に、RS232 to USBアダプターを使用すると、StarlabソフトウェアがNOVA IIまたはVEGAディスプレイを認識しないのはなぜですか?

残念ながら、上記接続方法では、コンピューターUSBがNova IIまたはVegaディスプレイを認識するための正しい通信プロトコルを確立するには不十分です。 StarLabソフトウェアが正常に通信するには、オリジナルのUSBケーブル(各Nova IIおよびVegaメーターに1本付属)が必要です。 USBケーブルP/N 7E01205は、追加でご注文頂けます。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

Vegaの揮発性メモリーは何ですか?

添付資料参照

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

オフィール社のRS232、USB、GPIB 等の通信オプションは、リアルタイムまたはオフラインで測定器からPCにデータを転送可能です。また、PCから測定器を操作することもできます。

  • StarLab

    StarBright、StarLite、Juno、NovaII、Vega、Pulsar-1/2/4、Quasar、EA-1対応USB通信用StarLabソフトウェア。コンピュータをパワーメータとして使用可能、最大8台のセンサと接続可能。COMオブジェクトやLabVIEW Visなどユーザ側で自由にプログラムを組む事が可能。

  • StarCom

    LaserStar(シングル&デュアル)、Nova、 Nova II、Vega対応RS232C通信用ソフトウェア。

  • LabVIEW

    USB通信対応機種StarBright、StarLite、Juno、Nova II、Vega、Pulsar-1/2/4、USBIに対応。ライブラリが利用可能。COMオブジェクト対応

  • Nova and VEGA power metersファームウェア - Vega / NovaII

システム インテグレーション

サンプルコマンドも公開しているので、パワーメータ単体で測定する以外にも、ユーザ側で自由にプログラムを組んだりすることが可能です。幅広いアプリケーションに対応します。
 
RS232
オフィール社のレーザ解析ソフトウェアStarComはRS232C通信対応のソフトウェアです。RS232C通信機能が標準装備のディスプレイ商品パッケージに付属します。
 
RS232C通信を行う場合は、下記が必要です。

コマンドPDFをご参照ください。コマンドはアルファベット順で記載されています。Juno、Juno+、USBI、Pulsarインターフェース及びCentauri、NovaII、Vega、StarLite、StarBrightディスプレイに対応しています。

USB
オフィール社のレーザ解析ソフトウェアStarLabはUSB通信可能なStarBright、NOVAII、Vega、Centauri、StarLite、Juno、Juno+、Pulsar、USBIに対応しています。StarLabソフトウェア(バージョン2.10以上)にはCOMオブジェクトOphirLMMeasurementが含まれます。
 

システムインテグレーションには以下のコンポーネンツが必要です。

  • OphirLMMeasurement COM Object.pdfオフィール社のパワーメータからの測定の初期設定、制御、アップロードのための方法などが記載。
  • OphirLMMeasurement.dll. オフィール社のStarBright、Juno、Juno+、NOVAII、Pulsar、USBI、Vega、Centauri、StarLiteでの通信を行うためにオフィール社で開発・提供しているComオブジェクトコンポーネント。
  • OphirLMMeasurement COM Object.pdf オフィール社のアプリケーションがインストールされていないPCへのレジスタ方法が記載。
  • Nֺova II / Vega対応USB 通信ケーブル(P/N 7E01205) *商品パッケージに1ヶ付属。
  • オフィール社のサンプルプログラム(Comオブジェクト/ VC#, VB.NET, LabVIEW)。StarLabアプリケーションのAutomation Exampleサブディレクトリに在中。
  • ダイレクトコントロールの場合はコマンドPDFをご参照ください。

動画

オフィール社パワーメータ簡易セットアップ オフィール社パワーメータ簡易セットアップ
オシロスコープでレーザ出力測定 オシロスコープでレーザ出力測定 オシロスコープでレーザ出力測定

パワーメータでのパワー/エネルギ測定と同時に、オシロスコープでレーザパワー/エネルギのアナログ出力を表示。

パワーメータの任意波長設定 パワーメータの任意波長設定 パワーメータの任意波長設定

初期設定にないレーザ波長でも自由に波長設定が可能。

出力レンジ選択と計測時間 出力レンジ選択と計測時間 出力レンジ選択と計測時間

この動画では、熟練したユーザでも再確認しておきたいレーザ計測時の注意事項を2つ説明しています。

簡単セットアップ、オフィール社レーザパワーメータ

チュートリアル&ブログ

チュートリアル

レーザパワーメータ開発の背景

最初にレーザが開発された時、物理学者は「すごい!でも測定はどうする?」と考えたと思います。レーザの発明に伴いレーザパワー/エネルギメータが開発されたわけです。 レーザは熱源と考えられますので、計測にはヒートセンシング法が最適と考えられました。熱を測定する最も簡単な方法は熱電対を用いるものです。また、光を測定する簡単な方法はフォトダイオードを用いるものです。そこで技術者達はそれらを応用した測定機器を開発しました。それから最大出力にレーザ調整、アライメントを行うために瞬時にフィードバックできるように、測定結果を表示するパワーメータディスプレイが必要となりました。開発初期のものはアナログタイプで、レーザ出力に応じて針が左右に振れて出力値を示すものでした。  詳細を見る

レーザパワー&レーザエネルギ測定

オフィール社のレーザパワー&エネルギセンサとディスプレイは全てスマートヘッド・テクノロジーを採用しています。SH(Smart Head)コネクタ部分のROMに校正データ等が記憶されているので、ディスプレイ/インターフェースに接続するだけで情報が読み出されます。スマートヘッド・テクノロジーは一部のOEMセンサを除く全てのオフィール社のセンサに採用されています。  詳細を見る

LabVIEW とオフィールパワーメータ/ PCインターフェース

LabVIEWをオフィール社のパワーメータやコンピュータインターフェースで使う場合、まずStarLabソフトウェアをインストールする必要があります。StarLabソフトウェア(ver2.10以上)にCOMオブジェクト対応コンポーネントが含まれています。StarLabソフトウェアをインストールするのはパワーメータとの通信のためです。StarLabのインストールの際必要なUSBドライバがインストールされ、LabVIEWに必要なOphirLMMeasurement COM オブジェクトが登録され、オフィール社のパワーメータやコンピュータインターフェースとの通信が可能となります。  詳細を見る

不適切な電源の使用によるパワーメータの損傷

従来のオフィール社パワーメータディスプレイはDC 12V、500mA、極性センターマイナスの電源を使用しています。新機種のStarLiteはセンタープラスですのでご注意ください。Vegaベガ、Quasarクエーサー、StarLiteスターライトなどの新しいディスプレイのいくつかは本体側は両極性対応デュアル電圧互換です。すなわちDC 12V、500mAであることは必要ですが、その極性同軸コネクタはセンタープラスでもセンターマイナスでも問題ありません。いずれにせよ製品に付属しているACアダプタの使用を強く推奨します。万一電源アダプタを紛失した場合はご連絡ください。  詳細を見る

パワー/エネルギメータの出力レンジ、スケールはどのように設定したらよいですか?オーバーレンジの場合どうなりますか?

ディスプレイ/インターフェース側で選択可能な出力レンジは、測定器内部の増幅器のゲインレベルを表します。パワーメータには必ずダイナミックレンジが存在します。測定された出力信号が非常に低い場合(つまり出力レンジの下方の場合)、出力信号はノイズに埋もれてしまい、指示値は不正確でノイズを含んだ値となってしまいます。逆に出力信号が非常に高い場合、サチレーションが起こります。オフィール社のパワーメータはワイドダイナミックレンジに対応するために、複数の出力スケールと出力レンジが選択できるようになっています。適切な出力レンジでレーザ出力を測定するには、AUTOレンジとマニュアルレンジの2つの設定からどちらか選択可能です。オートレンジ(AUTO)設定にすると、センサに入射されたレーザ出力に応じて、最適な出力レンジが自動選択されます。(AUTOレンジは、パワー測定時のみ使用でき、シングルショットエネルギ測定の場合は使用できません。)もう一つのマニュアルレンジでは、ユーザー側で固定レンジとして使用したい場合に、ユーザー側で設定できます。  詳細を見る

アクセサリ

上記のセンサに対応するアクセサリを各種ご用意しています。
  • キャリングケース

    キャリングケース 38x30x11cm。ディスプレイとセンサー最大3台収納可能。

  • USBケーブル(NOVAII/VEGA用)

    Nova II/Vega用 USBケーブル

    7E01205

    USB-ミニDINケーブル(ディスプレイに1本標準付属)

  • RS232 Cable

    Nova II/Vega用 RS232Cケーブル

    7E01206

    D9-ミニDIN ケーブル(ディスプレイに1本標準付属)

  • Nova II / Vega / Quasar用 交換バッテリーパック

    Nova II/Vega/Quasar用バッテリーパック

    7E14007A

    Nova II、Vega、Quasarの交換用バッテリーパック

  • 充電器(N極)

    7E05029

    充電器 12V 2A N-2.1 x 5.5。Centauri、Vega、NOVAII、LaserStar、NOVA、EA-1、Pulsar、Quasar、6K-W、120K-W、ファン空冷センサー対応(各製品に1ヶ標準付属)

  • Standard Analog Output Connector

    アナログ出力、外部トリガー出力、TTL出力プラグとして使用(Centauriに付属の3ユニット)

  • 製品保証

    XWAR-SENSOR

    Ophir社製のディスプレイおよびセンサーには、1年間の標準メーカー保証が含まれています。

    メーターまたはセンサーに1年間の延長保証を追加します。これには1回の再校正が含まれます。 

            お問い合わせ先
            株式会社オフィールジャパン
            営業事務所 Tel 03-3556-2781
                  Fax 03-3556-2436
                  E-mail oj.info@mksinst.com