StarBright Laser Power Meter & Energy Meter Ophir
StarBright Laser Power Meter & Energy Meter Ophir
StarBright Laser Power Meter & Energy Meter Ophir

StarBright

7Z01580
スターブライト レーザーパワー/エネルギーメーター
概要: 
  • Ophir のフォトダイオードセンサー、サーマルセンサー、ビームトラックセンサー、パイロエレクトリックセンサー(PE-Cシリーズ)に対応
  • 視認性に優れた大型液晶カラー画面(320x240ピクセル)
  • デジタル表示、バーグラフ表示、アナログ指針表示、ライン表示(レーザーチューニング)、パルスチャート、合否判定、ビーム位置、標準偏差、リアルタイム統計表示など
  • 5000Hzまでのパルスをエネルギーログ(PE-Cシリーズパイロエレクトリックセンサー接続時)
  • 出力密度表示、スケール表示、ベースラインに対するノーマライズ表示などのアドバンスト機能
  • 複数の表示機能を一括グラフ表示、結果をログ表示
  • 外部USBメモリー接続(内臓メモリ保存最大数はユーザーのUSBメモリーに依存・制限なし)
  • USB / RS232C通信対応、専用ソフトウェアStarLab(USB)、StarCom(RS232C)、コマンドマニュアル
  • LabVIEW、COMオブジェクト対応
  • パルスパワー測定 / サーモパイルセンサー接続
  • 露光測定(エネルギー値合計)/ フォトダイオードセンサー接続
  • 新機能:低繰り返しパルスレーザーのパワー計測 / フォトダイオードセンサー接続 - パルス周期に基づくパワー測定(VCSEL用)
  • 日本語 / 英語 / ロシア語 / 中国語表示選択
  • ソフトキーによる簡易操作
  • コンパクト・ハンディタイプ、滑りにくいラバーホールド設計、キックスタンド付き
  • バックライト機能
  • 内蔵バッテリ交換可能
  • アナログ出力

仕様

  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 1V,2V,5V,10V
  • RS232, USB
  • 非対応
  • N/A
  • 15Hz
  • N/A
  • 5000Hz
  • N/A
  • USBメモリに依存
  • 対応(USB)
  • 対応
  • CE、中国RoHS
センサのモデル選択には、センサファインダが便利です。
または弊社までお気軽にお問合せください。

FAQ

オフィール社のセンサの波長オプション選択で、使用しているレーザの波長がない場合はどうしたらよいですか?複数の波長レンジは表示されているのですが。

表示されている複数の波長レンジの中から、使用する波長帯が含まれるレンジを選択してください。センサの種類によって波長範囲や特性の異なるコーティングがセンサに施されています。波長による感度特性が異なりますが、センサをディスプレイに接続して、ディスプレイの波長選択を正しく行うだけで測定ができます。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

パワー/エネルギメータが再校正を必要なのはわかるのですが、なぜパワーメータディスプレイも再校正が必要なのですか?

電圧計や電流計と同様に、パワーメータディスプレイも再校正、再証明が必要です。一般的にオフィール社の測定器が大幅な誤差で検査に不合格することは考えにくいです。しかし一般的な考え方として起こる可能性も否定はできないので、工業界ではパワーメータディスプレイも再校正/再証明をおこなうものとなっています。ISOスタンダードやFDAやその他の機関においても再校正/再証明が求められています。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

ディスプレイのゼロ調整(ゼロ点設定)はどのような機能で、いつ行えばよいですか?

オフィール社の全てのレーザパワー/エネルギ計測機器は、全ての調整(回路のゼロ調整を含む)がソフトウェア上で行われるので、調整は容易で正確です。ゼロ調整(ゼロ点設定)は、測定精度に影響を与える装置の内部バイアスを除去するものです。高精度の測定を行うためには2か月毎にゼロ調整を行うことを推奨します。商品購入時や測定環境が変わった時などにゼロ調整を行ってください。手順についてはユーザマニュアルをご参照頂くか、別途お問合せください。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

計測器は校正を受ける必要がありますか。ある場合、校正を受ける頻度をお知らせください。

特に指定がない限り、オフィールのセンサ及びディスプレイは購入日から18か月以内に初回の校正を受けて頂く事をお勧め致します。その後は年次定期校正を受けて頂く事を推奨致します。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる
  • PCソフトウェア&ドライバ

    オフィール社のディスプレイ/インターフェースをコンピュータで使用するための方法やソフトウェアについての概要。

  • StarLab

    StarBright、StarLite、Juno、NovaII、Vega、Pulsar-1/2/4、Quasar、EA-1対応USB通信用StarLabソフトウェア。コンピュータをパワーメータとして使用可能、最大8台のセンサと接続可能。COMオブジェクトやLabVIEW Visなどユーザ側で自由にプログラムを組む事が可能。

  • LabVIEW

    USB通信対応機種StarBright、StarLite、Juno、Nova II、Vega、Pulsar-1/2/4、USBIに対応。ライブラリが利用可能。COMオブジェクト対応

  • ファームウェア – StarBright(スターブライト)

    StarBright(スターブライト)レーザパワー/エネルギメータ
    最新ファームウェア

    注釈
    : ファームウェアのアップデートは上記のページからダウンロードを行ってください。
    ファームウェアはStarLabスターラボ経由ではアップデートに対応しておりません。

システム インテグレーション

サンプルコマンドも公開しているので、パワーメータ単体で測定する以外にも、ユーザ側で自由にプログラムを組んだりすることが可能です。幅広いアプリケーションに対応します。
 
RS232
オフィール社のレーザ解析ソフトウェアStarComはRS232C通信対応のソフトウェアです。RS232C通信機能が標準装備のディスプレイ商品パッケージに付属します。
 
RS232C通信を行う場合は、下記が必要です。

  • コマンドPDFをご参照ください。 コマンドはアルファベット順で記載されています。Juno、Juno+、USBI、Pulsarインターフェース及びCentauri、NovaII、Vega、StarLite、StarBrightディスプレイに対応しています。
  • StarBrightディスプレイ対応のRS232C通信ケーブル(P/N 7E01213) が商品に付属します。

USB
オフィール社のレーザ解析ソフトウェアStarLabはUSB通信可能なStarBright、NOVAII、Vega、Centauri、StarLite、Juno、Juno+、Pulsar、USBIに対応しています。StarLabソフトウェア(バージョン2.10以上)にはCOMオブジェクトOphirLMMeasurementが含まれます。
 

システムインテグレーションには以下のコンポーネンツが必要です。

  • OphirLMMeasurement COM Object.pdf オフィール社のパワーメータからの測定の初期設定、制御、アップロードのための方法などが記載。
  • • OphirLMMeasurement.dll. オフィール社のStarBright、Juno、Juno+、NOVAII、Pulsar、USBI、Vega、Centauri、StarLiteでの通信を行うためにオフィール社で開発・提供しているComオブジェクトコンポーネント。
  • OphirLMMeasurement COM Object.pdf オフィール社のアプリケーションがインストールされていないPCへのレジスタ方法が記載。
  • 標準micro-B USBケーブル(P/N 7E01279)StarBright商品パッケージに1本付属
  • オフィール社のサンプルプログラム(Comオブジェクト/ VC#, VB.NET, LabVIEW)。StarLabアプリケーションのAutomation Exampleサブディレクトリに在中。
  • ダイレクトコントロールの場合はコマンドPDFをご参照ください。

動画

StarBright スターブライト ディスプレイ StarBright スターブライト ディスプレイ
パワーメータの任意波長設定 パワーメータの任意波長設定 パワーメータの任意波長設定

初期設定にないレーザ波長でも自由に波長設定が可能。

出力レンジ選択と計測時間 出力レンジ選択と計測時間 出力レンジ選択と計測時間

この動画では、熟練したユーザでも再確認しておきたいレーザ計測時の注意事項を2つ説明しています。

ユーザ校正ファクタ(特殊な場合のみ) ユーザ校正ファクタ(特殊な場合のみ) ユーザ校正ファクタ(特殊な場合のみ)

特殊な場合に限って、ユーザ校正が可能です。(但し、校正精度の保証に関わりますので、一般的にはご使用にならないで、定期校正をご利用ください。ご相談ください。)

StarBright スターブライト ディスプレイ

アクセサリ

上記のセンサに対応するアクセサリを各種ご用意しています。
  • キャリングケース

    キャリングケース 38x30x11cm。パワー/エネルギディスプレイまたはインターフェースと最大3つのセンサ収納可能。

  • スターブライトUSB ケーブル

    スターブライトUSB ケーブル

    7E01279

    スターブライトUSB通信ケーブル(USB-A 〜 MICRO-Bケーブル)* スターブライト購入時1ヶ付属

  • スターブライトRS232Cケーブル

    スターブライトRS232Cケーブル

    7E01213

    スターブライトRS232C通信ケーブル(D9 〜 3.5mmプラグケーブル)* スターブライト購入時1ヶ付属

  • スターブライト用 内蔵バッテリ

    スターブライト用 内蔵バッテリ

    7E14008

    キャリブレーションセンターで内蔵バッテリの交換作業を行っています。

  • 充電器(P極)

    7E05047

    充電器AC/DC 12V 2A P-1.35 x 3.5。StarLite、StarBrightインターフェース、RM9チョッパ対応(各製品に1ヶ標準付属)

  • Standard Analog Output Connector

    標準アナログ出力プラグ。StarBright、StarLite、Vega、Nova、USBIインターフェース対応(各製品に1ヶ標準付属)