照射量測定&総露光量測定

PD300RMシリーズは、レーザプリンタやLEDといったナローバンド光源の測定に最適。コサイン補正で照射量(W/cm²)、総露光量(J/cm²)を測定。校正波長レンジ(放射)200nm-850nm。

  •  
    PD300RM-UV | LED Measurement | Power Sensors - Ophir

    PD300RM-UV

    7Z02479
    • Ø8mm
    • 200-850nm
    • 100nW/cm²-250mW/cm²
    • Ø35 W x 21 D (mm)
    PD300RM-UVは、汎用フォトダイオードセンサー。レーザープリンターやLEDなどの照射量測定や総露光量測定に最適。波長帯域254nmや365nmなどの単一波長だけでなく、ブロードな波長帯域に対応。有効口径8mm、コサイン補正用ディフューザー付き、波長レンジ200-850nm、照射量測定レンジ1005nW/cm²-250mW/cm²。センサーのケーブル長は 1.5 mでご用意があります。
  •  
    PD300RM-8W | LED Measurement | Power Sensors - Ophir

    PD300RM-8W

    7Z02480
    • Ø8mm
    • 350-850nm
    • 1μW/cm²-8W/cm²
    • Ø35 W x 21 D (mm)
    PD300RM-8Wは、汎用フォトダイオードセンサー。レーザープリンターやLEDなどの照射量測定や総露光量測定に最適。波長帯域254nmや365nmなどの単一波長だけでなく、ブロードな波長帯域に対応。有効口径8mm、コサイン補正用ディフューザー付き、波長レンジ350-850nm、照射量測定レンジ0.2uW/cm²-8W/cm²。センサーのケーブル長は 1.5 mでご用意があります。
  •  

    PD300RM-UVA

    7Z02492
    • Ø2.75mm
    • 350-450nm
    • 1.5μW/cm² – 15W/cm²
    • Ø35 W x 21 D (mm)
    PD300RM-UVAセンサーはフラットな測定波長範囲を備えているため、正確な波長を知らなくても、狭帯域および広帯域光源(LED、レーザー)を測定することができます。 広帯域光源(LED)の測定は、温度変化による光源帯域幅や波長シフトの影響を受けません。 センサーはまた、異なる波長でも同時に光源を測定することを可能にします。  PD300RM-UVA LEDおよびレーザー照度計は、単一波長(254nm、365nmなど)に校正された従来の照度計に代わるものであり、ユーザーが校正範囲での任意の波長を入力することで使用ができる広範な校正波長範囲を提供しています。  PD300RM-UVAは、2.75mmの開口部とコサイン補正されたディフューザーを備えた、汎用の円形ジオメトリフォトダイオード放射照度および露光センサーです。  その波長範囲は350-450nmであり、その放射照度測定範囲は1.5μW/cm²– 15W /cm²です。 センサーには、StarBright&StarLiteメーターまたはJuno + PCインターフェースに接続するための1.5メートルのケーブルが取り付けられています。