LED Measurements

LEDの測定

LEDは幅広い用途において急速に従来型の光源にとって代わりつつあります。LEDは小型、安価で、かつ電力効率が良く、寿命が長い等、その利点を挙げたらきりがありません。

科学研究ツールとしてのレーザーの使用が一般的になるにつれて、レーザー挙動の正確かつ客観的な測定の必要性も高まっています。

LEDは下記の産業用途で最適光源となりつつあります。
  • 紫外線硬化(UV硬化)
  • 食物・水の抗菌処理
  • 低出力UV/VIS照射の医療用途
  • 医療用およびマシンビジョン用、あるいは顕微鏡検査用の照明システム

従来LEDはインストルメントパネルの照明やLCDスクリーンのバックライトなどの低出力用途で使用されていました。しかし現在自動車分野でのLEDの使用等、屋内・屋外を問わずLED照明は標準的になりつつあります。
どのような工業プロセスにおいても、生産効率に対する要求度がますます高まっているため、安定性と確実性が求められています。例えば接着剤の紫外線硬化(UV硬化)等LEDベースのプロセスでは、ピーク性能を維持できるようにLED光源をモニターする必要があります。正しく定義されたLEDパラメーターを適切にモニタリングすることで予防保全期間を定めるために役立てる事が出来、またプロセス制御が可能になる事で理想的には作業を中断せずにパラメーターを自動的に補正し、当該プロセスを特定の目標値内に収めることが可能となります。
用途にもよりますが、重要なLEDパラメーターには放射照度(W/cm2)、線量(単位時間内の積算量J/cm2)、さらにはfluxまたは出力(W)が含まれます。スペクトルデータも重要な場合があります。
但し、これらのLEDパラメーターを測定する場合には若干の注意が必要です。LEDはレーザーとはだいぶ異なりますが、同様に通常のランプとも大きく異なります。LEDのビームは通常広範に発散し、スペクトル分布のピークも広い傾向があります。これはレーザーのような狭い範囲にピークが有る訳では無く、かといって広帯域に広がっているわけでもありません。
放射照度・線量測定の分野においてOphirはPD300RMセンサーシリーズを提供しています。この機種はUVフォトダイオードディテクターをベースとし、センサーの測定波長範囲全体にわたって校正されており、これによって単一センサーで全スペクトルピーク範囲に対応することが可能となっています。さらにPD300RMセンサーにはコサイン補正された拡散板が備わっており、入射角の影響を排除することが可能です。
総放射出力測定のニーズに対しては、Ophirでは様々なサイズ・形状の積分球を提供しています。これらはセンサー付き、完全校正済みで提供されていますが、お客様が自社のセンサーを使用する場合はセンサーなしで提供することも可能です。 (内側から照射する事で均一光源とする等)積分球の大半のモデルには、スペクトル解析など追加測定目的のための光サンプリングを可能にする複数のポートが設置されています。
Ophirはルックスまたはフートキャンドル単位で照度を測定する測光センサーPD300-CIEも提供しています。当社のオンラインLEDセンサーファインダーで、御社におけるLED測定に最適なセンサーをお探しください。

関連記事

Designing Low Cost Inspection Process for LED’s

In this application, our customer manufactures encoders that incorporate LED’s (light emitting diodes) that have a collimating lens attached. The LED’s produce between 850nm and 880nm at 2mW to 15mW, the beam sizes range from ¼” to ½”. Until now, a laser power meter has been used to verify the output wattage. Shining the beam on graph paper has been used to verify the beam size visually. Read more >

White Paper: Measuring LED Power with Thermal Sensors

LED’s are used today in many applications with the most prominent being the lighting of our homes, streets and businesses. Despite their clear advantages, measurement techniques of the power, flux and spectrum of LEDs is not very different from that of traditional types of lamps. Read more >

Testing LED Luminaires on the Factory Floor

As higher volume of LED luminaires must be pushed through the production line, factories struggle to keep quality control up to the same pace. The traditional method of testing LED luminaires is using 6- to 10-foot integrating spheres, which simply cannot be used to test each unit at production speeds. Read more >

Measuring LED Fixtures & Luminaires: Without an Integrating Sphere

Need to measure flux, color, and flicker of your LED lamps and luminaires? FluxGage is a completely new method to measure all these features of your LED, without using an integrating sphere. This will save you the costs and headaches involved with purchasing a sphere or going to a lab measurements. Read more >

Measuring Power of LEDs: UV, Visible and NIR

Measuring the emitted power of an LED can be tricky; it is different in some important ways from measuring the power of a laser beam. This video shows you how to use the Ophir 3A-IS Integrating Sphere Sensor, along with the Auxiliary LED accessory, to easily make accurate measurements in LED applications. Read more >

該当製品