StarCom ソフトウェアv3.20(RS232用)

Description: 

StarComは、Ophir 製品のVega、Nova II、LaserStar、Nova Power&Energy Meterのフル機能のデータインターフェイスです。 StarComはRS232プロトコルを利用し、すべての主要なOphirセンサーをサポートしています。

 
リアルタイムデータロギング、PCファイルへのデータの保存、オフラインデータの表示、印刷などを実行します。

 

Download v3.20

Overview

StarComは、Ophir 製品のVega、Nova II、LaserStar、Nova Power&Energy Meterのフル機能のデータインターフェイスです。 StarComはRS232プロトコルを利用し、すべての主要なOphirセンサーをサポートしています。

 
リアルタイムデータロギング、PCファイルへのデータの保存、オフラインデータの表示、印刷などを実行します。

 

 
StarComをPCにインストールする際、次の手順に従ってください。

  • インストール前に以前のバージョンをアンインストールしてください。
  • ダウンロード Starcom 3.20 (3.75 MB) - [32-bit].
  • ファイルを実行し、画面の指示に従います。
  • インストール完了後、コンピュータのデスクトップからStarComアプリケーションを実行してください。

: StarComは管理者権限でインストールする必要があります。

仕様

  • RS232: Vega, Nova II, LaserStar, Nova

  • Windows XP (32-bit)
    Windows 7 (32/64-bit)
  • 13-Apr-2008
  • 3.75 MB

FAQ

How to download and work with StarCom?

To install StarCom on your PC please do the following:

  • Please uninstall previous version before installation.
  • Download StarCom V3.20 (3.75 MB) - [32-bit].
  • Run the file and follow the on-screen instructions.
  • After installation is completed, you can Run the StarCom Application from your computer Desktop.

Note: StarCom must be installed with Administrator privileges

閉じる

StarComとStarLabアプリケーションの違いは何ですか?

オフィール社のStarComは比較的古いコンピューターアプリケションで、USBではなくRS232C通信を行うための基盤ソフトウェアです。(RS232C通信対応機種はVega、NovaII、LaserStar、Novaです。)

基本機能であるリアルタイムでのデータログ、PCへのデータ保存、オフラインでのデータ観察、印刷などに対応しています。比較的新しいコンピュータをご使用の場合は、オフィール社の測定器と接続可能なシリアルポートがあるか確認してください。StarComソフトウェアの最終リリースは2008年で上記に述べた機能は全て含まれています。StarComは、Windows7、32bitでご使用頂けます。ソフトウェアの詳細やダウンロードなどはこちらをご参照ください。 https://www.ophiropt.com/jp/laser-measurement-instruments/laser-power-energy-meters/software/starcom.

 

StarLabは全機能型ソフトウェアでUSB通信をサポートします。(USB通信対応機種はCentauri、StarBright、StarLite、Vega、NovaII、Juno、Juno+、EA-1、Pulsar、Bluetooh対応のQuasarです。)基盤機能やデータログ機能の他、ユーザ定義の数値計算機能など高機能でユーザフレンドリーなアプリケーションです。マルチチャンネル操作により複数台のセンサーからの測定情報をグラフィカルに1画面表示できます。外部システムとのインテグレーション用にCOMオブジェクトにも対応しています。StarLabのダウンロードはこちらから。 https://www.ophiropt.com/en/laser-measurement-instruments/laser-power-energy-meters/software/starlab.

閉じる

How can I communicate with an Ophir instrument using a Linux machine?

All Ophir RS232-speaking instruments can communicate with a Linux machine. There is no dependence on which operating system is being used on the other side – it’s a simple command and response protocol.

Programmers wanting to use commands via RS232 to control and collect data from an Ophir instrument need to refer to Appendix A in the “StarCom” User Manual - ‘Guide to Programmers’ section. This can be downloaded from the “Download – Manuals” section of our website, https://www.ophiropt.com/laser-measurement-instruments/laser-power-energy-meters/services/manuals

We have recently developed a package that enables USB communication with our meters from a Linux machine. It is now in beta-testing and has been released to several selected users. If you'd like to get this package, please contact us.

閉じる