Juno+

7Z01252
Juno+ USB インターフェース
 
概要: 
  • バーチャルレーザーパワーメーター:センサーとPC間を接続、電源不要
  • Ophir サーマルセンサー、パイロエレクトリックセンサー、フォトダイオードセンサー、ビームトラックセンサーに接続
  • 最大応答パルス10kHz
  • アナログ出力
  • ログパワー&エネルギー、平均化、統計表示、ヒストグラム表示など
  • パルスパワー測定 / サーモパイルセンサー接続
  • 低繰り返しパルスレーザー のパワー計測 / フォトダイオードセンサー接続 - パルス周期に基づくパワー測定(VCSEL用)
  • システムインテグレーターツール: LabVIEW VIs、COMオブジェクトインターフェース対応

仕様

  • Yes
  • Yes
  • Yes
  • Yes
  • Yes
  • Yes
  • USB
  • No
  • USB bus powered
  • N/A
  • N/A
  • N/A
  • 10,000Hz
  • N/A
  • No
  • Yes
  • Yes
  • CE, China RoHS
センサのモデル選択には、センサファインダが便利です。
または弊社までお気軽にお問合せください。

FAQ

オフィール社のUSB通信対応のパワーメータをコンピュータから操作するにはどうしたら良いでしょうか?

オフィール社の全てのUSB通信対応パワーメータ(Juno、Pulsar、USBI、Vega、NovaII、StarLiteなど)は、StarLabスターラボ ソフトウェアで操作可能です。システムのインテグレーションにはCOMオブジェクト対応のコンポーネンツが必要になりますが、コンポーネンツ(OphirLMMeasurement COM object)はStarLabソフトウェアにパッケージングされているので、StarLabをインストールすれば自動的にインストールされます。StarLabディレクトリのAutomation Examplesサブディレクトリに、Visual BasicとLabVIEWの資料とサンプルコマンドを公開しています。

 

注意: ActiveXコンポーネント (USBI / Vega / Nova-II用UsbX及びPulsar 用FastX)は、古いシステムにはまだ提供されていますが、最新の機能はサポートされていません。(Junoジュノ インターフェースやWindows7はサポートされていません。)

 

COMオブジェクト対応機種以前でActiveXを引き続きご利用する場合は、ファイル名「OphInstr.llb」、Pulsarパルサーをご使用の方は「DemoForPulsar.llb」をご利用ください。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

台のコンピュータに何台までのセンサをUSB経由で接続できますか?

StarLabソフトウェアは最大8台までのセンサを1台のコンピュータに同時に接続することができます。8台のセンサをそれぞれのインターフェースに接続します。Pulsar4を2台組み合わせるなど、どのような組み合わせ方でも構いません。コンピューターのUSBポートが足りない場合は、USBハブをご利用ください。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

StarComスターコムとStarLabスターラボ アプリケーションの違いは何ですか?

オフィール社のStarComスターコムは比較的古いコンピュータアプリケションで、USBではなくRS232C通信を行うための基盤ソフトウェアです。(RS232C通信対応機種はVega、NovaII、LaserStar、LaserStar-dual、Novaです。)


基本機能であるリアルタイムでのデータログ、PCへのデータ保存、オフラインでのデータ観察、印刷などに対応しています。LaserStar-dualを使えば、データの比率や偏差値を表示することもできます。比較的新しいコンピュータをご使用の場合は、オフィール社の測定器と接続可能なシリアルポートがあるか確認してください。StarComソフトウェアの最終リリースは2008年で上記に述べた機能は全て含まれています。StarComは、Windows7、32bitでご使用頂けます。ソフトウェアの詳細やダウンロードなどはこちらをご参照ください。
https://www.ophiropt.com/jp/laser-measurement-instruments/laser-power-energy-meters/software/starcom.

 

StarLabスターラボは全機能型ソフトウェアでUSB通信をサポートします。(USB通信対応機種はVega、NovaII、Juno、Pulsar、USBI、Bluetooh対応のQuasarです。※Quasarご使用の場合のみStarLab旧バージョン2.40がサポート)基盤機能やデータログ機能の他、ユーザ定義の数値計算機能など高機能でユーザフレンドリーなアプリケーションです。マルチチャンネル操作により複数台のセンサからの測定情報をグラフィカルに1画面表示できます。外部システムとのインテグレーション用にCOMオブジェクトにも対応しています。StarLabスターラボのダウンロードはこちらから。 https://www.ophiropt.com/en/laser-measurement-instruments/laser-power-energy-meters/software/starlab.

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

オフィール社のパワーメータ(Juno、Pulsar、USBI、NOVAII、VEGA)でLabVIEWを使用するにはどうしたら良いでしょうか?

新しいLabVIEW COM Demoを既にご使用のお客様は特に追加することはありませんので、そのままご使用ください。(COM オブジェクト版:対応機種NOVAII、VEGA、JUNO、Pulsar、USBI。StarLabスターラボソフトウェアver2.10以上にCOMオブジェクト対応コンポーネントが含まれます。)もしユーザー独自のLabVIEWアプリケーションを使用している場合は、ご使用のLabVIEWアプリケーションにOphirLMMeasurement COM ObjectがLabVIEWアプリケーションに含まれていることを確認してください。

 

古いOphInstr LabVIEWパッケージを以前からご使用の方で、オフィール社のUSBI / NovaII / Vega などをUSB経由でLabVIEWをご使用する場合は、SwapINFユーティリティで、NI-VISA USBドライバを選択して切り替えを行う必要があります。National Instruments 社のUSBドライバとは異なっておりますので、OphirのStarLabアプリケーション用のUSBドライバとNational Instruments USBドライバの互換性がありません。オフィール社では、StarLabソフトウェア対応のUSBドライバ(Jungo)をご用意しています。

 

注意)SwapINFの起動時には、コンピュータにオフィール社のCDが入っていない状態であるか確認してください。

 

USBドライバの切り替え(SwapINF)の手順は以下の通りです。

  • コンピュータからUSBで接続しているオフィール社のパワーメータを外す。
  • SwapINFユーティリティを起動する。
  • LabVIEWオプションをオンにする。
  • Swapボタンを押す。"Remove the Ophir USBI Devices before continuing. とメッセージがでるので、オフィール社の測定器をUSBから外してから設定を続ける。
  • オフィール社のパワーメータをUSBから外してからOKボタンを押す。
  • SwapINFが完了してからOKボタンを再度押す。
  • オフィール社のパワーメータをLabVIEW VI’sを使用するコンピュータに再接続する。例えばWindowsXPの場合などWizardがソフトウェアのバージョンアップを尋ねてきた場合は、not this timeを選択して、nextボタンで進める。
  • 再度nextボタンを押す。(ソフトウェアが自動インストールされる。)
  • 以上でLabVIEW VI’sをご使用のデバイスで使用できます。
  • SwapINFユーティリティは下記ページでダウンロードできます。
Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

StarLabアプリケーションについて教えてください。

レーザパワー/エネルギ計測ソフトウェア・StarLabスターラボは、ウェブサイトで最新版が無料でダウンロードできます。

販売当初から2014年現在に至まで大きなバージョンがあったのは2.40と3.00で、さらなる改良を重ねています。StarLabスターラボソフトウェアは、オフィール社のUSB通信対応機種Vegaベガ、NOVAIIノバツー、StarLiteスターライトディスプレイ及びJunoジュノ、USBIインターフェースをサポートしています。ワイヤレスパワーメータQuasarクエーサーにはStarLab2.40が対応しています。

StarLabスターラボソフトウェアの主な機能は以下の通りです。

  • 最大8センサからの測定データを1台のコンピュータで同時測定可能
  • カラー別マルチ同時表示で優れた視認性
  • ユーザが定義したビーム径で計算されたパワー/エネルギ出力密度
  • 数値計算表示:A/BやA-Bのようなシンプルな2チャンネルでの計算から、ユーザー定義により複雑な公式や指定公式などにも対応。
  • アベレージ、オフセット、スケールファクタなどの条件設定
  • グラフィカルな画像表示:直線、棒グラフ、ヒストグラム、アナログ表示
  • 時刻同期された複数チャンネルのログデータをひとつのログファイルとして測定終了後に確認可能

 

LabVIEWやActiveXに対応していますのでオフィール社のUSB通信対応パワーメータをご利用の方は必要に応じてお試しください。サンプルプログラムも公開しています。 StarLabスターラボソフトウェアのダウンロードはこちらから。.

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

計測器は校正を受ける必要がありますか。ある場合、校正を受ける頻度をお知らせください。

特に指定がない限り、オフィールのセンサ及びディスプレイは購入日から18か月以内に初回の校正を受けて頂く事をお勧め致します。その後は年次定期校正を受けて頂く事を推奨致します。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

Logging data from multiple sensors: How “in synch” are the time stamps?

Sometimes an application requires logging power from multiple power sensors, and being able to compare readings from the different sensors; in such cases, it is necessary to know to what degree the time points of each “channel” are in synch with each other.

Possible solutions would be to use a 2-channel Pulsar, or for example 2 Juno/Juno+.

With Ophir power sensors, the logged data timestamps originate from the PC, with millisecond resolution, for both Pulsar’s and Juno/Juno+.

So basically there is no difference between a Pulsar and a Juno/Juno+ in that respect. They will perform the same.

Each measurement will have its own separate timestamp, and will not have the exact same zero point; however, they will be ‘synced’ to each other to within a millisecond or so. Keep in mind that with power measurements, the instrument’s A/D sampling rate of the power signal is 15Hz (i.e. every 66.67 msec), so for all practical purposes the 2 channels can be considered in synch with each other.

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる
  • PCソフトウェア&ドライバ

    オフィール社のディスプレイ/インターフェースをコンピュータで使用するための方法やソフトウェアについての概要。

  • StarLab

    StarBright、StarLite、Juno、NovaII、Vega、Pulsar-1/2/4、Quasar、EA-1対応USB通信用StarLabソフトウェア。コンピュータをパワーメータとして使用可能、最大8台のセンサと接続可能。COMオブジェクトやLabVIEW Visなどユーザ側で自由にプログラムを組む事が可能。

  • LabVIEW

    USB通信対応機種StarBright、StarLite、Juno、Nova II、Vega、Pulsar-1/2/4、USBIに対応。ライブラリが利用可能。COMオブジェクト対応

System Integrators

Besides their use as stand-alone, fully featured laser power/energy meters, Ophir devices are easily incorporated into larger end-user applications. This allows system integrators to leverage Ophir’s excellence in measurement capabilities with legacy analysis packages.

 

Ophir provides a common interface for communication and control of all of our USB speaking devices. OphirLMMeasurement is a COM Object that is included as part of the StarLab installation (StarLab 2.10 and higher) that allows the system integrator to take control of the Juno, Juno+, Nova-II, Pulsar, USBI and Vega, Centauri, StarBright and StarLite devices; integrating them into his in-house measurement and analysis package.
 
For communication via USB, device drivers and additional support software must be installed on your PC. These components are installed as part of the StarLab application’s installation process.
 

System Integrators will need the following components:

  • OphirLMMeasurement COM Object.pdf lists and describes the methods and events available for configuring, controlling and uploading measurements from Ophir devices.
  • OphirLMMeasurement.dll. COM object component developed and supplied by Ophir for communication with the Juno, Juno+, Nova-II, Pulsar, USBI, Vega, Centauri, StarBright and StarLite devices. The COM object is registered when the application is installed.
  • OphirLMMeasurement COM Object.pdf describes how to register it on another PC where the Ophir application has not been installed.
  • Standard mini-B USB cable (P/N 7E01217) for use with the Juno+ device (included).
  • Ophir provides example projects of COM Object clients in VC#, VB.NET and LabVIEW. These are found in the Automation Examples subdirectory of our StarLab PC Application.
  • For direct control of the device, refer to User Commands

動画

StarLab3.0の操作方法(基本編) StarLab3.0の操作方法(基本編)
StarLab3.0の操作方法(上級編) StarLab3.0の操作方法(上級編) StarLab3.0の操作方法(上級編)

StarLab3.0でのレーザパワー/エネルギ測定の上級編。平均化、スケールファクタ、ノーマライズ、出力密度など。

Laser Measurement PC Interfaces Laser Measurement PC Interfaces Laser Measurement PC Interfaces

If all your laser measurement work involves a laptop or a PC, rather than a stand-alone meter, one of Ophir’s direct-to-PC interfaces could be an ideal solution. These are full-fledged Laser Power and Energy meters, but instead of having a separate on-board display, the PC becomes your display. In this video you will learn about the range of PC Interfaces available from Ophir.

StarLab3.0でのレーザパワー/エネルギ測定の基本編

チュートリアル&ブログ

チュートリアル

レーザパワーメータ開発の背景

最初にレーザが開発された時、物理学者は「素晴らしい!でも測定はどうしたらよいのだろうか?」と考えたと思います。レーザの発明に伴いレーザパワー/エネルギメータが開発されたわけです。 レーザは熱源と考えられますので、計測にはヒートセンシング法が最適と考えられました。熱を測定する最も簡単な方法は熱電対を用いるものです。また、光を測定する簡単な方法はフォトダイオードを用いるものです。そこで技術者達はそれらを応用した測定機器を開発しました。それから最大出力にレーザ調整、アライメントを行うために瞬時にフィードバックできるように、測定結果を表示するパワーメータディスプレイが必要となりました。開発初期のものはアナログタイプで、レーザ出力に応じて針が左右に振れて出力値を示すものでした。  詳細を見る

レーザパワー&レーザエネルギ測定

オフィール社のレーザパワー&エネルギセンサとディスプレイは全てスマートヘッド・テクノロジーを採用しています。SH(Smart Head)コネクタ部分のROMに校正データ等が記憶されているので、ディスプレイ/インターフェースに接続するだけで情報が読み出されます。スマートヘッド・テクノロジーは一部のOEMセンサを除く全てのオフィール社のセンサに採用されています。  詳細を見る

LabVIEW とオフィールパワーメータ/ PCインターフェース

LabVIEWをオフィール社のパワーメータやコンピュータインターフェースで使う場合、まずStarLabソフトウェアをインストールする必要があります。StarLabソフトウェア(ver2.10以上)にCOMオブジェクト対応コンポーネントが含まれています。StarLabソフトウェアをインストールするのはパワーメータとの通信のためです。StarLabのインストールの際必要なUSBドライバがインストールされ、LabVIEWに必要なOphirLMMeasurement COM オブジェクトが登録され、オフィール社のパワーメータやコンピュータインターフェースとの通信が可能となります。  詳細を見る

パワーセンサのケーブル延長

オフィール社のパワー/エネルギセンサには標準ケーブル長1.5mのケーブルがセンサから直属で付いています。お客様側でケーブル延長をされると、センサの精度や機能を保証致しかねますので、延長をご希望の場合は、必ず弊社までお問合せください。  詳細を見る

StarLabアプリケーションと複数センサでの測定 – 複数チャンネルのタイムスタンプの同期可能

例えば、システムの各行程の特性を明らかにするために、光学系の様々なポイントでレーザ出力測定を行う場合など、それぞれの場所にパワー/エネルギセンサを設置し、Pulsarパルサーインターフェースでセンサをまとめて接続し、StarLabスターラボアプリケーションを用いてコンピュータで出力測定することができます。各センサからの測定情報は1チャンネルごとに各ウインドウとして表示され、そのウインドウからログを行います。全てのチャンネルは同じゼロ点から同期されます。各チャンネルのどのパルスが、他のチャンネルのどのパルスに対応するかタイムスタンプで確認できます。  詳細を見る

アクセサリ

上記のセンサに対応するアクセサリを各種ご用意しています。
  • USB2.0 A MINI-Bケーブル (商品に1本付属)

    USB MINI-B ケーブル

    7E01217

    USB2.0 A MINI-Bケーブル (商品に1本付属)

  • Standard Analog Output Connector

    標準アナログ出力プラグ。StarBright、StarLite、Vega、Nova、USBIインターフェース対応(各製品に1ヶ標準付属)