OEMパワーセンサー 150C-SH – 標準OEMサーマルセンサー 60mW-60W  20mJ-100J – レーザ計測のオフィールジャパン

150C-SH

7N77023
概要: 

150C-SHは小型の標準OEMサーマルセンサーでパワー測定およびエネルギー測定が可能。ディスプレイ接続型、マウント取付可能、有効口径18mm、測定パワーレンジ60mW-5W、最大測定パワー60W(ヒートシンク装着の場合)、測定エネルギーレンジ20mJ-100J、表面吸収型で比較的フラットな波長感度特性、ブロードバンド(BB)型、 測定波長範囲0.19-20um。(旧製品番号P/N 77023)

仕様

  • Ø18mm
  • 0.19-20µm
  • 60mW-150W
  • 20mJ-100J
  • 51 L x 51 W x 33 D (mm)
  • 20kW/cm² @ 60W
  • 1.2 s
  • 0.3J/cm²
  • 10J/cm²
  • 150W (ヒートシンク未装着時 : 1分間)
  • CE, UKCA, 中国RoHS
センサのモデル選択には、OEMセンサーのご依頼が便利です。
または弊社までお気軽にお問合せください。

FAQ

オフィール社のウェブにある「センサファインダ」で、使用しているレーザアプリケーションに最適な製品を選択できませんでした。OEM品を新規に製造可能ですか?

「センサファインダ」で最適な製品が表示されなくても、アプリケーションに最適な機種をご提案させて頂きます。是非ご相談ください。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

OEMセンサのダイナミックレンジはどのくらいですか?

オフィール社のOEMセンサの一般的なダイナミックレンジは、最小測定パワーに対する最大測定パワーの比率は40:1となります。もし大きなダイナミックレンジをご希望の場合、オフィール社のRS232C通信対応OEMセンサをご選択ください。レンジが複数ご選択頂けます。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

計測器は校正を受ける必要がありますか。ある場合、校正を受ける頻度をお知らせください。

特に指定がない限り、オフィールのセンサー及びディスプレイは購入日から18か月以内に初回の校正を受けて頂く事をお勧め致します。その後は年次定期校正を受けて頂く事を推奨致します。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

動画

ヒートシンクによるOEMセンサの冷却 ヒートシンクによるOEMセンサの冷却
OEMレーザパワーメータ&パワーセンサ OEMレーザパワーメータ&パワーセンサ OEMレーザパワーメータ&パワーセンサ

オフィール社のOEM専任のJimmy GreenがOEMセンサについてご紹介します。

出力レンジ選択と計測時間 出力レンジ選択と計測時間 出力レンジ選択と計測時間

この動画では、熟練したユーザでも再確認しておきたいレーザ計測時の注意事項を2つ説明しています。

OEMセンサヒートシンクによる冷却ガイドライン