波長感度特性を活かした
パワー測定

サーマルセンサは、DUVからIR領域マでの広範囲において、比較的フラットな波長感度特性を有していますので、異なった特性の光源を同時に測定するのにも適しています。また、センサは入射角度(1%以下、最大50°まで)に対して感度がないので、どんなファイバ開口数のファイバカップリングパワーでも測定可能です。