THz Measurements

テラヘルツ計測

テラヘルツ放射のユニークな特性は医療用画像処理(例えば癌検出)、物質の特性評価、高速通信、および国土安全保障上の監視等の用途に利用可能です。

異なる材料に応じて選択的に透過または吸収を得る方法は、 セキュリティ用途においては光学的に不透明な材料を通す事で画像形成を可能とさせます。 テラヘルツ波長帯域の放射線においても、テラヘルツスペクトル領域内の様々な化合物の固有スペクトルシグネチャーによって、材料、医薬品、または食品の内部構造の解析に使用することができます。これによって分光分析の工業用途、および科学研究用途に大きな可能性が開けました。

光源の正確な利用を伴うあらゆる用途において、測定は重要な問題となります。とはいえテラヘルツ放射の測定では、特に校正された測定において、いくつかの技術的課題が示されています。

  • 出力レベルは最低でnWレベル、最高で数百mWレベルです。
  • 低光子エネルギー(meV単位のレベル)の場合は、フォトダイオードセンサーを用いた検出は非常に困難です。このためサーマルセンサーまたは焦電センサーが必要となりますが、これらでは十分な感度が得られません。
  • テラヘルツスペクトル領域に適した吸収体を見つけることは容易ではありません。

Ophirは、特定のアプリケーションのニーズに応じて、高出力から低出力まで対応可能な出力測定のソリューションと、ビームプロファイル測定のソリューションを提供します。

高出力対応:3A-P-THzはサーマルディテクターの原理に基づくパワーセンサーで、最大3Wまでの短パルスおよびCWビーム出力を測定します。 3A-P-THzは、ドイツの国立計測研究機関であるPTB(ドイツ物理工学研究所)によってテラヘルツ測定用に校正されています。 (PTB自体が新しい標準として、改良されたOphir 3A-Pセンサーを使用し独自にテラヘルツ校正の精度を高めています。)

低出力対応:RM9-THzはNISTで校正された焦電センサーと特殊テラヘルツ吸収器、18Hzチョッパー、およびデジタルロックインアンプを備えた完全なセンサー測定パッケージで、テラヘルツのビームパワーを最小100nWまで測定可能です。

これらのセンサーは、各種Ophirの標準ディスプレイおよびPCインターフェースと互換性があり、広い波長範囲にわたりテラヘルツビームのパワーを、正確に校正されたトレーサブルな測定を可能にさせます。

テラヘルツビームのビームプロファイルは、Pyrocam III-HRPyrocam IVなどの計測器を使用して測定および解析することができます。

関連記事

Bridging the THz Gap in Radiometry

The Renowned German standards laboratory Physikalisch-­ Technische Bundesanstalt – PTB, has now developed a highly accurate calibration standard for calibrating Terahertz radiation based on a modified Ophir 3A-­P meter.
First performed at 2.52 THz only, PTB has now extended its unique detector-­ based radiometric calibration service to the full tuning range of a Terahertz laser spanning from 1 THz to 5 THz. Read more >

THz Beam Measurement A Practical Primer

- THz Range available to the user
- Wavelengths and Frequencies
- Tools to Image THz beams
- Optics- Type and Sources
- Cameras and Other Sensors
- Results
Read more >

There’s now a standard sensor for terahertz laser measurement

When you think of electromagnetic radiation, what pops into your head? X-Rays? Radio waves? Microwaves? Or maybe just plain old light.

What most people don’t think about – or hadn’t until recently – is the small gap in between microwaves and infrared light waves. This gap is called Terahertz, as it represents waves with a frequency of about 0.3 to 10 THz. In the last few years, there has been significant advancement in THz sources and imagers, leading to a lot of talk about T-Rays replacing X-Rays.
Read more >

Measurement tools for Terahertz (THz) technology

Ophir Spiricon offers both a beam profiler and a power sensor for Terahertz wavelength radiation. To learn more about Terahertz Laser Measurement products go to: http://bit.ly/2tsOMZh Over the past few years THz radiation sources have become more available commercially, and therefore modern technology is exploiting the unique properties of THz waves.
Read more >

MKS' Ophir® Business Unit Announces Calibrated Sensor for Measuring Very Low Power THz Sources

Andover, MA, May 8, 2017 – MKS Instruments, Inc. (NASDAQ: MKSI), a global provider of technologies that enable advanced processes and improve productivity, has announced the Ophir® RM9-THz Radiometer, a low noise, high sensitivity sensor for measuring low power levels of 50nW to 100mW from short pulse or CW lasers in the 0.7 to 10 THz wavelength range.
Read more >

該当製品