Eye Safety

目の安全性

たとえ低出力のレーザービームでもヒトの目には危険です。

ディテクターは高感度であればあるほど繊細です。そしてヒトの目は依然として究極のフォトニックディテクターであり、安全機構(瞬き反射など)を内蔵しているにせよ容易に損傷します。

人間に対するリスクの観点からレーザーの安全性カテゴリーを定義するものとしてCDRH規格があります。この規格ではさらに、そのような安全カテゴリーが客観的なものとして、普遍的に理解され適用されるよう試験設定を定義しています。

Ophirはそのような測定に対応したパワーセンサーアクセサリーを提供しており、直径7mm(暗室中での「標準」瞳孔直径)、および3.5mm(昼光下での「標準」瞳孔直径)のアパーチャーを有するアクセサリーがPD300シリーズへ適用可能です。

関連記事

Medical Laser Applications: Beam Measuring & Profiling

Picture this, “you are an experienced eye surgeon. After a routine operation you are informed your patient’s eyesight may be impaired for life because your laser scalpel didn’t function properly”- how would you tell your patient the bad news? Read more >

Product Focus: Using Ophir'S BC20 to Evaluate Scanned Effects in Light Show Applications

Music concerts, along with other entertainment venues such as nightclubs and theme parks, use laser sources to create colorful and vivid lighting effects. Even with advances in non-coherent lighting, technology has not been able to replicate the unique appearance of laser lighting effects. Read more >

該当製品