IPL

IPL

脱毛、肌の再生、特定皮膚疾患の治療、これらはすべてIPLの一般的な用途です。 IPL(インテンス・パルス・ライト)は、高強度の光パルスを使用して各種医療目的の皮膚治療、および美容目的のトリートメントを行う技術です。光源としては通常キセノンのようなフラッシュランプを使用しており、各メーカーにおいてスペクトルフィルタリング、パルスタイミング、およびビームデリバリーシステムについて独自のプロトコルを保有しており、これらはすべて特定種類の治療に特化して最適化されています。IPL光源はレーザーではないとはいえ数十J / cm²の強度でヒトの皮膚に照射されるため、システムが所定の動作と僅かでも違った動作をした場合、深刻な被害をもたらす可能性があります。非医療目的として規制対象外とされている美容用途の分野においても、IPLのパフォーマンスについての定期的なモニタリングの必要性については疑問の余地がありません。サーマルレーザーセンサーは、いわゆるシングルショットパルスの光エネルギー測定においては標準的なソリューションです。但しIPLパルスのエネルギー測定については、いくつかの固有の問題があります。

  • 広範な角度分布 -ビーム全光束の補足が困難
  • 広範なスペクトル分布-正確な校正を維持することが困難
  • 高出力とエネルギー密度-センサー吸収体は損傷を避けるために高耐久度が必要
  • IPL用途においては(大半とは言えないまでも)多くの場合、屈折損失を減らす目的で患者の皮膚にオプティカルカップリングゲルを塗布する事があります。測定を行う場合その臨床的意義を最大化させるべく、IPLを臨床目的で使用する場合と同様の光学的条件下で測定を行う必要があります。具体的にはセンサーにゲル(または水)を(損傷を与えないように)塗布して測定します。
OphirはIPLアプリケーション用に特別に設計された各種センサーを提供しており、これらの課題を解決できるよう支援しています。

関連記事

Ophir’s New Sensor for Measuring IPL Pulses: L40(150)A-IPL

Hair removal, skin rejuvenation and even in non-medical unregulated cosmetic applications – No doubt there is a real need to regularly monitor the IPL’s source performance. Read more >

Calibration of Ophir L50(300)A-IPL sensor for use with IPL sources

The Ophir L50(300)A-IPL energy sensor shown above when used in GEL mode is designed to measure the energy output of IPL type sources coupled to the patient's skin with optical index matching gel. Read more >

The Importance of Verifying the Output of Your Aesthetic Light Treatment Sources

Intense Pulsed Light (IPL) is a commonly used tool for a variety of esthetic, as well as medical, skin treatments. IPL devices are non-laser high intensity light sources that make use of a high-output flashlamp to produce a broad wavelength output of noncoherent light, usually in the 500 to 1200nm range. Read more >

該当製品

ビームプロファイラー