LWIR

長波長赤外線 カメラ用レンズ(波長8~14 μm)

長波長赤外線カメラ用レンズ

(波長8~14 μm)

Ophirの長波長赤外線レンズ (LWIR) は、回折限界に近いMTFで、ズーム全域にわたり鮮明な画像を提供します。抜群の探知、認識、識別 (DRI) 性能を備えたLWIRレンズは、産業や監視、国土安全分野における幅広い用途に適しています。LWIRレンズには高解像度XGAやSXGAなど、さまざまなFPA形式があります。数十年にわたる知識と経験により、長波長赤外線 (LWIR) と中波長赤外線 (MWIR) を適用した数千もの望遠ズームレンズを提供してきたOphirは、赤外線望遠ズームレンズにおける世界的なリーダーとして高く評価されています。当社の研究開発チームは、企業顧客や探知器メーカーとの協力により、世界的に有名な群を抜いた性能を備えた光学機器を設計しています。

製品検索

Please make a selection
Please make a selection
Please make a selection
Please make a selection