レーザパワーメータ ディスプレイ LaserStar-Dual レーザースターデュアル 2チャンネル – レーザ計測のオフィールジャパン

LaserStar(デュアルチャンネル)

7Z01601
レーザパワー/エネルギメータ ディスプレイ
概要: 

LaserStarは機能性に優れた卓上型のレーザパワーメータディスプレイです。オフィール社の全てのセンサと接続可能となっています。シングルチャンネルとデュアルチャンネルの2タイプをご用意しており、オプションでシングルからデュアルのアップグレードも可能です。RS232C標準装備、GPIB高速通信オプションとなります。

  • LaserStarシングルチャンネル/LaserStar-dualデュアルチャンネル
  • シングルからデュアルへのアップグレードが可能
  • オフィール社サーマルセンサ、パイロエレクトリックセンサ、フォトダイオードセンサ、RPセンサに接続
  • 1500Hzまでのエネルギログ(パイロエレクトリック、ターボモード使用時)
  • 不揮発性内蔵メモリに最大59,400ポイントを測定データ保持
  • 視認性に優れた大型液晶画面(バックライト付き)
  • 充電式バッテリ駆動
  • アナログ出力
  • 豊富な統計表示群(グラフ、最小値、最大値、標準偏差)
  • チューニング画面
  • ソフトキーによる簡易操作、多彩な表示画面
  • チューニング音およびバッテリ充電切れ警報
  • RS232C通信(標準装備)、GPIB(IEEE488.1)、高速通信(オプション)
  • EMI対策済み、NISTトレーサブル、CEマーキング、RoHS対応

仕様

  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 非対応
  • 対応
  • 1V
  • RS232,GPIB
  • 非対応
  • N/A
  • 30Hz
  • 1500Hz
  • N/A
  • N/A
  • 59.4K
  • 非対応
  • 対応
  • CE、中国RoHS
センサのモデル選択には、センサファインダが便利です。
または弊社までお気軽にお問合せください。

FAQ

複数台のセンサを持っています。1台のディスプレイやインターフェースで全てのセンサに互換性がありますか?

オフィール社のスマートヘッドセンサ技術により、センサは異なったディスプレイやインターフェースで使用することができます。校正および設定情報はセンサのスマートヘッドコネクタ内部のROMに記録されていますので、異なったディスプレイやインターフェースと互換性があります。Novaの場合、センサを外す前にNovaの電源をオフにする必要がありますが、Nova IIやVegaなど最近の機種では特に電源をオフにしなくてもセンサを着脱して大丈夫です。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

ディスプレイが対応できる最大応答繰り返し周波数以上のパルス測定を行った場合どうなりますか?

パワーメータディスプレイは最大周波数に近いレートで測定を行います。例えば、10kHzのパルスをPD10パイロエレクトリックセンサとNova IIディスプレイの組み合せで測定すると、Nova IIの内蔵メモリへの最大ログレートである4000Hzまで対応します。NOVAIIは4000Hzに近いレートでパルスを検出しサンプリングします。つまり、この場合はNova Ilでは40%のパルスの測定結果が内蔵メモリへ記録されます。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

ディスプレイのゼロ調整(ゼロ点設定)はどのような機能で、いつ行えばよいですか?

オフィール社の全てのレーザパワー/エネルギ計測機器は、全ての調整(回路のゼロ調整を含む)がソフトウェア上で行われるので、調整は容易で正確です。ゼロ調整(ゼロ点設定)は、測定精度に影響を与える装置の内部バイアスを除去するものです。高精度の測定を行うためには2か月毎にゼロ調整を行うことを推奨します。商品購入時や測定環境が変わった時などにゼロ調整を行ってください。手順についてはユーザマニュアルをご参照頂くか、別途お問合せください。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

他社のセンサをオフィールのディスプレイやインターフェースで使用できますか?

できません。オフィール社の標準センサ(スマートヘッドコネクタ付センサ)のみがオフィール社のディスプレイうやインターフェースと使用できます。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

LaserStar-Dualディスプレイでサーマルセンサとパイロエレクトリックセンサが同時に接続できますか?

サーマルセンサとパイロエレクトリックセンサに限らず、どのセンサの組み合せでもLaserStar-Dualディスプレイで測定できます。ただし、両チャンネルの比率や差分表示を行う場合は、パイロエレクトリックセンサ×パイロエレクトリックセンサまたは、サーマルセンサ/フォトダイオードセンサ×サーマルセンサ/フォトダイオードセンサの組み合せで対応しています。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

計測器は校正を受ける必要がありますか。ある場合、校正を受ける頻度をお知らせください。

特に指定がない限り、オフィールのセンサ及びディスプレイは購入日から18か月以内に初回の校正を受けて頂く事をお勧め致します。その後は年次定期校正を受けて頂く事を推奨致します。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

システム インテグレーション

サンプルコマンドも公開しているので、パワーメータ単体で測定する以外にも、ユーザ側で自由にプログラムを組んだりすることが可能です。幅広いアプリケーションに対応します。
 
RS232
オフィール社のレーザ解析ソフトウェアStarComはRS232C通信対応のソフトウェアです。RS232C通信機能が標準装備のディスプレイ商品パッケージに付属します。

 

RS232C通信を行う場合は、下記が必要です。

GPIB
LaserStarシリーズはRS232C通信の他、GPIB (IEEE 488.1)にも対応しています。商品パッケージに付属のGPIB通信ケーブル(P/N 7Y78300)とオフィール社のStarComソフトウェア/マニュアルをご利用ください。

動画

オフィール社パワーメータ簡易セットアップ オフィール社パワーメータ簡易セットアップ
パワーメータの任意波長設定 パワーメータの任意波長設定 パワーメータの任意波長設定

初期設定にないレーザ波長でも自由に波長設定が可能。

簡単セットアップ、オフィール社レーザパワーメータ

図面

チュートリアル&ブログ

チュートリアル

パワーセンサのケーブル延長

オフィール社のパワー/エネルギセンサには標準ケーブル長1.5mのケーブルがセンサから直属で付いています。お客様側でケーブル延長をされると、センサの精度や機能を保証致しかねますので、延長をご希望の場合は、必ず弊社までお問合せください。  詳細を見る

アクセサリ

上記のセンサに対応するアクセサリを各種ご用意しています。
  • LaserStar内蔵バッテリ

    LaserStar内蔵バッテリ

    7Z14006A

    LaserStar交換用バッテリ

  • LaserStar用RS232Cケーブル

    7E01121

    LaserStar用RS232CケーブルD9-D25(LaserStar購入時に1ヶ付属)

  • 充電器(N極)

    7E05029

    充電器AC/DC 12V 2A N-2.1 x 5.5。Vega、NOVAII、LaserStar、NOVA、EA-1、Pulsar、Quasar、6K-W、120K-W、ファン空冷センサ対応(各製品に1ヶ標準付属)