L30C-LP2-26-SH | OEM thermal and photodiode sensors | OEM Power Sensors - Ophir

L30C-LP2-26-SH

7Z02775
概要: 

The L30C-LP2-26-SH is a compact thermal power/energy laser measurement sensor for freestanding use or mounted to host system. It has a 26mm aperture and can measure from 300mW to 10W stand alone and to 100W when heat sinked. It can measure energy from 30mJ to 2000J. The sensor is able to measure high power lasers of up to 4kW by measuring the energy of 0.5 - 4s exposure to the laser. The high damage threshold LP2 absorber covers the spectral range from 0.25 to 2.2µm. The sensor comes with a standard 1.5 meter cable for connecting to a meter or PC interface.

仕様

  • Ø26mm
  • 0.25-2.2µm
  • 300mW-100W
  • 30mJ-2000J
  • 60 L x 60 W x 38 D (mm)
  • 42kW/cm² at 100 W
  • 1.5 s
  • 0.1J/cm²
  • 130J/cm²
  • 100W heat sinked
  • N.A.
  • CE, UKCA, China RoHS
センサのモデル選択には、OEM requestが便利です。
または弊社までお気軽にお問合せください。

FAQ

What are the advantages of the new LP2 absorber coating vs the previous LP1 coating

The new LP2 coating has a number of advantages vs the previous LP1 coating:

 

Absorber LP1 LP2
Damage Threshold at 1kW 6kW/cm² 10kW/cm²
Damage Threshold at 3kW 2.5kW/cm² 5kW/cm²
Damage Threshold at 5kW 2kW/cm² 2.5kW/cm²
Pulsed damage threshold for 10ms pulses 160J/cm² 400J/cm²
Spectral Absorption See graphs below
Angle dependence See graphs below

Ophir High Damage Threshold Absorbers LP2 vs. LP1

Read TutorialRead as PDF

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

I see Ophir has released some new thermal sensors with an absorber called “LP2”. What is it?

The new “LP2” type sensors are specially designed for beams having high power and high power density (and for pulsed beams, high energy density). The LP2 sensors are replacing the equivalent LP1 sensors; as impressive as the LP1 is, the LP2 was developed with the following improvements:

  • Very high damage threshold, for both power density and energy density, for long pulse and CW beams;
  • Spectrally flat; since its absorption remains constant at widely differing wavelengths, this means that sensors based on the LP2 can be used for "white light" or polychromatic beams;
  • Very high level of absorption (as high as 96%, depending on wavelength), meaning much less light is scattered back, which for high power beams is an important benefit;
  • The absorption is also largely independent of incident angle, which means it can be used for divergent beams too.
Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

オフィール社のウェブにある「センサファインダ」で、使用しているレーザアプリケーションに最適な製品を選択できませんでした。OEM品を新規に製造可能ですか?

「センサファインダ」で最適な製品が表示されなくても、アプリケーションに最適な機種をご提案させて頂きます。是非ご相談ください。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

OEMセンサのダイナミックレンジはどのくらいですか?

オフィール社のOEMセンサの一般的なダイナミックレンジは、最小測定パワーに対する最大測定パワーの比率は40:1となります。もし大きなダイナミックレンジをご希望の場合、オフィール社のRS232C通信対応OEMセンサをご選択ください。レンジが複数ご選択頂けます。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

計測器は校正を受ける必要がありますか。ある場合、校正を受ける頻度をお知らせください。

特に指定がない限り、オフィールのセンサー及びディスプレイは購入日から18か月以内に初回の校正を受けて頂く事をお勧め致します。その後は年次定期校正を受けて頂く事を推奨致します。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

Calibration

 

動画

ヒートシンクによるOEMセンサの冷却 ヒートシンクによるOEMセンサの冷却
OEMレーザパワーメータ&パワーセンサ OEMレーザパワーメータ&パワーセンサ OEMレーザパワーメータ&パワーセンサ

オフィール社のOEM専任のJimmy GreenがOEMセンサについてご紹介します。

出力レンジ選択と計測時間 出力レンジ選択と計測時間 出力レンジ選択と計測時間

この動画では、熟練したユーザでも再確認しておきたいレーザ計測時の注意事項を2つ説明しています。

OEMセンサヒートシンクによる冷却ガイドライン

アクセサリ

上記のセンサに対応するアクセサリを各種ご用意しています。
  • 3mケーブル

    3mケーブル

    7E01122A

    標準ケーブル1.5mから3mケーブルに変更可能。(お見積りをご依頼の際にお問合せください。)

  • 5mケーブル

    5mケーブル

    7E01122B

    標準ケーブル1.5mから5mケーブルに変更可能。(お見積りをご依頼の際にお問合せください。)

  • 10mケーブル

    10mケーブル

    7E01122C

    標準ケーブル1.5mから10mケーブルに変更可能。(お見積りをご依頼の際にお問合せください。)

  • 12mケーブル

    12mケーブル

    7E01122D

    標準ケーブル1.5mから12mケーブルに変更可能。(お見積りをご依頼の際にお問合せください。)