16K-W-BB-55 | Laser Thermal Power Sensors | Power Sensors - Ophir
16K-W-BB-55 | Laser Thermal Power Sensors | Power Sensors - Ophir

16K-W-BB-55

7Z02791
概要: 

16K-W-BB-55は超高出力測定向きの水冷サーマルセンサーです。有効口径は55mmあり、100W~16kWのパワー測定が可能です。拡散反射コーンを採用し、最大パワー密度は10 kW/cm²です。波長範囲0.8~2µmと10.6µmに対応しています。16K-W-BB-55センサーには温度超過を知らせるLED、警告音、インターロック機能を搭載したモジュールが接続ケーブルの近くに装着されています。ディスプレイやPCインターフェースに接続するケーブル長は 5 mです。

 

仕様

  • BB型 + ビームディフレクター
  • Ø55mm
  • 0.8-2µm, 10.6µm
  • 100W-16,000W
  • N.A.
  • ~3.5% (散乱シールド未装着時), ~1% (散乱シールド装着時)
  • Ø170 W x 82 D (mm)
  • N.A.
  • 10kW/cm²
  • 3.5 s
  • N.A.
  • N.A.
  • 16kW
  • N.A.
  • CE, UKCA, 中国RoHS
センサのモデル選択には、センサファインダが便利です。
または弊社までお気軽にお問合せください。

FAQ

センサとディスプレイ/インターフェースでセットで購入した場合、センサは別のディスプレイ/インターフェースでも使用できますか?

オフィール社のセンサとディスプレイ/インターフェースは個別に校正されています。各ディスプレイ/インターフェースのアナログ出力精度は同じで、約0.2%程度でしかないのです。センサはディスプレイ/インターフェースとは別に、固体ごとにNIST準拠の基準器で校正され、校正情報はセンサ直属ケーブル先端にあるSHコネクタ内部のROMに記録されています。センサをディスプレイ/インターフェースに接続すると、ディスプレイ/インターフェースはセンサからの校正係数を読み込みます。オフィール社のセンサ単体での代表的な校正精度は+/-3%で、ディスプレイ/インターフェース単体での校正精度は約0.2%ですから、合成された校正精度は√(3のニ乗+0.2の二乗)となります。その変化分はほぼ考慮しなくてよい誤差範囲なので、センサはいずれのディスプレイ/インターフェースと接続することができます。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

パワーセンサの校正精度をどのように理解したらいいか教えてください。

オフィールにおける校正精度は通常、標準偏差で2σでのものです。つまり、精度が +/-3%と記載されている場合、センサの95.4% のものはこの範囲に入り、99.7% のものは+/-4% の範囲に入ることを示します。校正精度については、別途お問合せください。参考: https://www.ophiropt.com/laser-measurement-instruments/laser-power-energy-meters/tutorial/calibration-procedure

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

レーザ光の出力密度はどのように計算したらいいですか?

パワーをP、ビーム径をD とすると、パワー密度はP /(.785 * D²) で計算されます。(.785=ビーム径φ1cmの時の面積)パルスレーザの場合、エネルギをE、繰返し応答周波数をR 、ビーム径をD とすると、パワー密度はE*R/(.785 * D²)で、エネルギ密度はE/(.785 * D²) で計算されます。※センサに入射する場合は、ビームモードを考慮してマージンをみてください。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

オフィール社の水冷センサの水冷却についての規定はありますか?

流量と水圧については下記のグラフをご参考ください。

 

各水冷センサの最小水量、水温、水温変化についてはカタログ仕様をご確認ください。

センサタイプ リットル/分(フルパワー) 最小水圧(バール)
L300W 1 0.3
1000W 1.7 0.4
1500W 2.5 0.5
5000W 4.5 0.8
8000W 7 1.5
10K-W 10 2

注釈: 水冷却は最小水圧の2.5倍以上にはしないでください。2.5倍にしても規定の流量が流れない場合は、センサの水路が詰まっている可能性も考えられますので弊社までお問合せください。

 

30K-W水冷センサについては、こちらから仕様をご確認ください。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

ダメージスレッショルドは、パワーレベルに依存しますか?

サーマルセンサのダメージスレッショルドは、パワー密度だけでなく、出力レベルに依存します。センサディスク自体が、ハイパワーが入射されると、より熱を吸収するからです。例えば、オフィール社のBB型コーティングを採用したセンサの場合、10W入射の場合は50kW/cm²ですが、300W入射の場合は10kW/cm²となります。オフィール社のダメージスレッショルドは、特定のセンサに対して最大パワーを入射した場合の値とされています。他の製造メーカのほとんどは、ここまでは行われていません。仕様を比較する場合、カタログ数値だけの比較ではなく、このような背景も考慮してください。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

センサはどのようにクリーニングを行ったらよいですか?

校正精度に影響する場合もありますので、パワーセンサ/エネルギセンサの詳しいクリーニング方法について、ご不明の方はお問合せください。

 

Absorber Type Umicore #2 Substrate Cleaner Acetone Methanol Umicore #2 + Acetone
Alumina
Thermal BB
Pyro BB
BF
Comet BB
EX
HD
HE
HE1
HL
LP
LP1
Pyro Metallic
P type
N type
UV
10K-W(Reflector)

 

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

How can I clean the 10K-W, 15K-W, 16K-W or 30K-W sensor?

These sensors have a gold-coated reflecting cone, which can be easily scratched. If one of these sensors needs to be cleaned, we recommend blowing with clean air or nitrogen. If, however, the cone gets soiled (for example with something spilled on it), such that blowing is not enough to clean it, then there is a risk of the contaminant material getting “burned in” by laser radiation. In such a case, to avoid that risk, one should use a suitably soft tissue with solvent, and wipe as gently as possible.

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

計測器は校正を受ける必要がありますか。ある場合、校正を受ける頻度をお知らせください。

特に指定がない限り、オフィールのセンサー及びディスプレイは購入日から18か月以内に初回の校正を受けて頂く事をお勧め致します。その後は年次定期校正を受けて頂く事を推奨致します。

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

Can a laser measurement depend on the distance from the laser to the sensor?

In theory, if a beam is completely parallel and fits within the aperture of a sensor, then it should make no difference at all what the distance is; it will be the same number of photons (ignoring absorption by the air, which is negligible except in the UV below 250nm). If, nevertheless, you do see such a distance dependence, there could be one of the following effects happening:

  • If you are using a thermal type power sensor, you might actually be measuring heat from the laser itself; when very close to the laser, the thermal sensor might be “feeling” the laser’s own heat. That would not, however, continue to have an effect at more than a few cm distance unless the light source is weak and the heat source is strong.
  • Beam geometry – The beam may not be parallel and may be diverging. Often, the lower intensity wings of the beam have greater divergence rate than the main portion of the beam. These may be missing the sensor's aperture as the distance increases. To check that you'd need to use a profiler, or perhaps a BeamTrack PPS (Power/Position/Size) sensor.
  • If you are measuring pulse energies with a diffuser-based pyroelectric sensor: Some users find that when they start with the sensor right up close to the laser and move it away, the readings drop sharply (typically by some 6%) over the first few cm. This is likely caused by multiple reflections between the diffuser and the laser device, which at the closest distance might be causing an incorrectly high reading. You should back off from the source by at least some 5cm, more if the beam is not too divergent.

Needless to say, it’s also important to be sure to have a steady setup; a sensor held by hand could easily be moved around involuntarily, which could cause partial or complete missing of the sensor’s aperture at increasing distance, particularly for an invisible beam.

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

What is the best water to use in the Water Cooled Sensors?

Corrosion is caused by interactions between the metallic components of the sensor and the cooling water, which may contain a variety of dissolved ions. Many factors affect the risk of corrosion forming, but the most important are the pH and the mixture of ions in the water. For this reason, we recommend using neutral deionized water in a closed circulating system (pH between 6 and 8). Please note that deionized water is usually slightly acidic (pH 5.65) due to absorption of CO2 from the atmosphere. The cooling water can be neutralized by adding 5 ml of a 10 mM solution of NaOH for each liter of water in the cooling system. Commercial additives such as Optishield Plus are also recommended for systems such as ours that have copper and aluminum in them. Optishield has the additional benefit of having biocide to prevent buildup of organic contamination.

To prevent corrosion it is also crucial to not allow standing water to evaporate inside the sensor when it is not in use. When disconnecting a sensor from the cooling system, the water channel should be cleared by blowing compressed air through it.

For those customers still experiencing problems with corrosion, we recommend the new thermal sensor 1000WP-BB-34 which has a special design in which all materials that come into contact with the cooling water are either copper or nonmetallic.

You can find a lot more information about the correct use of water-cooled sensors in the article "How to use water cooled Ophir sensors", here.

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

Once and for all: Is DI (deionized) water good or bad for water-cooled sensors? Does it help prevent corrosion, or does it actually increase the risk?

Many factors affect the risk of corrosion forming, but the two most important are:

  • the mixture of ions in the water
  • the water’s pH

Our current recommendation is to use DI water – but of a neutral pH. DI water is usually slightly acidic; it can be titrated to a neutral pH, using a bit of sodium hydroxide for example. There are also commercial additives that can help prevent corrosion, for instance Optishield Plus. For a more detailed discussion, see the FAQ at https://www.ophiropt.com/laser--measurement/knowledge-center/faq/7805

 

You can find a lot more information about the correct use of water-cooled sensors in the article "How to use water cooled Ophir sensors", here.

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

The sensor I need uses water cooling. Can you recommend a water cooling system?

We don’t supply chillers, nor insist on specific models; the only important thing from our point of view is to simply keep to the requirements specified for the cooling water of the specific model of sensor, such as minimum flow rate at full power, water temperature range, and - more important than the actual water temperature - water temperature stability. The temperature of the water should not be changing by more than 1 deg/min (because changes in water temperature could cause heat flow in the sensor which would be detected as if it were laser power, and cause errors in the reading).

We also have a video on our site at https://www.ophiropt.com/laser-measurement-instruments/laser-power-energy-meters/knowledge-center/water-cooled-sensors-youtube, which discusses various issues and tips about water cooling. There is a short discussion of coolant pressure requirements in our FAQ section at https://www.ophiropt.com/laser--measurement/knowledge-center/faq/2404

Was this FAQ helpful to you? yes no
閉じる

動画

散乱シールド:ハイパワーレーザの反射光を低減 散乱シールド:ハイパワーレーザの反射光を低減
FAQ: レーザパワーセンサ FAQ: レーザパワーセンサ FAQ: レーザパワーセンサ

レーザパワーセンサの種類の説明などベーシック編。

超ハイパワーレーザのパワー計測 超ハイパワーレーザのパワー計測 超ハイパワーレーザのパワー計測

kW〜100kWのハイパワーレーザ測定用パワーメータ

水冷レーザパワーセンサの使用時の注意事項 水冷レーザパワーセンサの使用時の注意事項 水冷レーザパワーセンサの使用時の注意事項

水温、水量、水温変化など水冷パワーセンサ使用方法

When measuring very high power laser beams, even the few percent of the beam normally back-scattered from the sensor can be a problem. Ophir now offers Scatter Shields as accessories for our high power laser sensors; these can be mounted on the front flange of the sensors to reduce the backscatter by about 70%.

チュートリアル&ブログ

チュートリアル

レーザパワーセンサ概要

異なる材料の2本の金属線を接続して1つの回路(熱電対)をつくり、ふたつの接点に温度差を与えると、回路に電力が発生するという現象がおきます。   パワーメータのサーモパイルはいくつもの熱電対が図のように連続して接続され、同心円状に配置してあります。レーザ光をセンサディスクの中心部に照射すると光は吸収され熱へと変換されます。この熱はディスクの外周方向に放射状に放熱されます。このとき内周部(温点)と外周部(冷点)に温度差を生じ電力を発生します。各熱電対からは温点と冷点の差分が信号として出力され、連続して接続している各熱電対からの信号を積算して電位差(熱起電力)の形で検出します。温点と冷点の差分を見ておりますので周囲環境温度が変化しても(急激は不可)、温点と冷点に温度差が生じることがなく熱起電力が発生しません。  詳細を見る

サーマルセンサの損傷理由と仕様許容範囲

正しくご使用いただければ、修理せずに何年もご利用いただくことが可能で、実際10年以上もトラブルなく使用されているユーザもいらっしゃいます。長寿命で高信頼性というオフィール社の製品の特長を享受いただくために、サーマルセンサの正しい使用方法とメインテナンスのための参考資料としてご利用ください。ご不明点は、販売代理店または株式会社オフィールジャパンまでお問合せください。  詳細を見る

レーザパワーセンサ/エネルギセンサの正しい選択方法

レーザパワーセンサ/エネルギセンサの選定にお困りの方は、販売店または弊社までお問合せください。パワー/エネルギメータの選択は簡単に見えますが、必要なパワー/エネルギレンジだけで選択するわけではなく、他の重要なレーザ要素も考慮します。選定を誤ると正確な測定が出来ず、センサにも損傷を与える可能性も生じます。 動画を見る  詳細を見る

10kWクラスなどハイパワーセンサの校正の整合性は、どのように行っているのですか?

ハイパワーセンサの校正方法およびオフィール社の5000W/10k-W水冷パワーセンサの校正精度については(A)をご参照ください。ドイツの校正機関PTB(国内の計測標準を管理する産総研AIST相当)の標準器と、オフィール社の5000W水冷パワーセンサの校正の適合性(最大パワー1400W)については(B)をご参照ください。  詳細を見る

パワーセンサに対する入射ビーム径はどのくらいにしたら良いでしょうか?

有効口径全域においてレーザ出力の感度があります。つまりセンサ表面の内側50%(有効口径の約70%)は、均一性が+/-2%とされています。センサ端の感度は若干低くなりますが、一般的に口径全体における感度は+/-2%以下です。  詳細を見る

レーザ出力測定時の環境条件

レーザパワーメータの性能を最大限に使用するために、ご使用時の環境条件(環境温度、湿度など)についてまとめました。  詳細を見る

How to Use Water Cooled Ophir Sensors

Ophir water cooled sensors are designed to measure high powers in a relatively compact package. In order for the sensor to operate properly, the water flow rate, temperature and temperature stability have to be in the right range. For best performance of the sensor, the water flow rate should be the recommended rate. If the user system is not able to reach the recommended rate, then the minimum rate can be used and the sensor will meet spec but there may be some degradation of response time and linearity... 詳細を見る

アクセサリ

上記のセンサに対応するアクセサリを各種ご用意しています。
  • 10K-W Scatter Shield Assy

    16K-Wセンサーのフロントフランジへマウント用、レーザー反射光低減・散乱シールドオプション。
    (製品に16K-W散乱シールド保護カバー(P/N 7Z08356) 1個付属)

  • 10K-W / 15K-W Scatter Shield Protective Cover

    Ophir 16K-Wセンサー用カバー、散乱シールド付属
    (16K-W散乱シールド(P/N 7Z08355)に1個付属)

  • 外径12mmプラスチックチューブに接続するための16K-Wおよび30K-Wセンサー用メトリック水冷継手。
    1/2”チューブへ標準フィッティング交換。(2個セット)

  • 16K-W 保護カバー

    1G02813

    16K-Wセンサー対応、ターゲットパターンでの保護カバー
    (16K-Wセンサーに1個付属)