Materials Processing

レーザー材料加工

今日、鋼材の切断から、シリコンのビアホール穴あけ加工、プラスチックのマーキング等、材料加工のあらゆる分野においてレーザーを利用することで、これまでに無い成果をあげています。
他方で効率的な生産性への要求がますます高まっており、レーザー加工の安定性と事前の問題回避が求められています。高精度な製造に使用されるツールと同様に、産業用レーザーのピークパフォーマンスを維持するにはモニタリングが不可欠です。 例えば、事前に規定したレーザーのパラメーターに異常が検出された場合、予防保全を実施することで、ダウンタイムや加工不良品が発生した場合のコストと比較すれば、大幅なコスト削減に繋がります。 最適な加工条件のパラメーターを適切にモニターすることで、加工を中断することなくパラメーターの変化を自動的に補正して加工を制御することが可能となり、最適な加工条件を維持することができます。
一定期間にわたって安定した加工を維持するには、性能を維持するために該当するパラメーターを最適なタイミングで測定する必要があります。 また、モニタリングの対象となるパラメーターやサンプリングを行う頻度は、アプリケーションによって異なります。

対象となるレーザーのパラメーターは下記の通りです。

  • 平均出力: Ophirでは最大出力120kWまで測定可能(最小出力はfemtoW単位まで測定可能)なセンサーを提供しています。同時に特定の条件にも最適化した、各種センサー技術・吸収体を提供しています。
  • パルスエネルギー: 数キロジュールのシングルショットパルスエネルギーから、数十ジュールの繰り返しパルス、及び繰り返し周波数数十キロヘルツまで測定可能なセンサーを提供しています。
  • ビーム解析: Ophirでは様々なビームに対し、カメラ方式・スリットスキャン方式のビームプロファイラーを用意しており、多彩なプロファイル測定のソリューション及びアクセサリーを提供しています。 また、ビームに接触することなく焦点・ビームウェストの解析が行える画期的な測定器を提供しており、入射出力の上限なしでビームの解析が可能です。
アプリケーションのニーズに応じて、様々な計測システムを提案します。
  • 互換性のあるパワーメーターディスプレイとセンサーを組み合わせる、スタンドアローンの計測器
  • アナログ信号のみ出力する簡易的なセンサー素子
  • 測定値をホストシステムに組み込む必要がある場合に対応可能な、通信インターフェースを内蔵したOEMセンサー
  • 個別のニーズに対応した、完全カスタマイズされたセンサー
Ophirの40年以上の経験により培われたソリューションより、信頼のおけるツールを提供することで、お客様のレーザー加工に貢献します。

関連記事

Materials Processing: When Laser Measurements Absolutely, Positively Must Be Made

19th century British physicist and engineer William Thomson, 1st Baron Kelvin, was the first to say, “If you can’t measure it, you can’t improve it.” When applying this principle to improving laser-based processes, there are a variety of parameters that must be measured because components of laser systems will always seek a way to revert to their natural states…degradation of the components. Read more >

The Challenge of Focus Shift in High Power Laser Material Processing

High-power industrial lasers are valuable tools in material processing. Maintaining them at peak performance and optimizing the processes for which they are used will maximize throughput and minimize downtime. Periodic measurement and longterm monitoring of key laser variables, including laser output power, focused spot size, and focus spot temporal location provide the data you need to increase accuracy and optimize your process. Read more >

How to easily align optical elements for assembling a complex laser system?

Many materials processing laser applications, for example cutting, drilling or marking, all involve a machine inside of which there is a laser and an opto-mechanical system which includes beam shaping and focusing optics, a beam delivery system, and perhaps a galvanometer scanner or other moving parts depending on the application. All these parts have to be aligned when the machine is built and have to maintain their alignment over the course of the machine’s operating life time. Read more >

Material Processing: When to Measure Your Laser

Most posts here are about how to measure laser power and beam profile. Today let's discuss when to measure them. First, in material processing the number one factor for how a laser will interact with the work piece is it's power density, which is power divided by beam area. That's why it's so important to know the laser beam power and size. Read more >

Industrial Lasers – What You Should Measure

There are so many different aspects of a laser that you can measure. Which leads to the obvious question: "Which aspects of a laser should you measure?" While there is surely a time and place for all sorts of different metrics, these 3 things cover your bases most of the time: Read more >

Must You Measure Industrial Laser Performance?

With all the advancements in laser technology, lasers have become higher quality and more consistent. Laser manufacturers test and measure their lasers during development, to make sure you, the laser end user, get the highest quality laser system. With all this in mind then, do you really have to measure your laser system? Read more >

Laser Measurement Solutions for High Power Industrial Laser Applications

Modern production facilities must constantly increase throughput, at less cost, with less scrap, and with minimum downtime. In this video overview, you will learn how application of new, advanced technology in measurement devices, can help both designers and users of industrial laser systems to optimize and control their processes, so they can accomplish these goals and achieve consistently good results – both in quality and quantity. Read more >

該当製品