自動車

レーザー光と自動車産業は緊密に連携しており、高出力レーザーによる製造が自動車産業で重要な役割を果たしています。 溶接、切断、ろう付け、マーキング、クリーニングなどのレーザーアプリケーションを検討する場合、レーザービームの品質を理解して保証することが、高い製品の品質と持続可能なプロセスへの第一歩です。 一方で、比較的低出力のLiDAR製品はますます重要性を増しています。 空間に投影されたときにレーザー光がどのように動作するかを理解することは、製品の精度と長期的な動作にとって非常に重要です。 レーザービームの品質を確保することは、上記2つのアプリケーションに於いて不可欠です。.

実稼働環境でマルチキロワットレーザーを使用する場合、焦点位置やレーザー出力の僅かな変動でさえ、プロセス全体に大きな影響を及ぼします。 このため、各種レーザーパラメータ―の測定は、レーザーシステムの開発または製造時に重要であるだけでなく、システムが製造に導入された後も同様に重要です。レーザービームは製造プロセス中に継続的にモニタリングされることが 理想的です。 また、不良部品の発生によってレーザー装置を検査するとしても、、ビームにどのような変化が起こったのかを知ることは不可欠です。

自動運転の目覚ましい進歩により、重要性を増している新しい様々なレーザーアプリケーションがあります。高出力VCSELはLiDARシステムで使用され、低出力VCSELは近接センサーまたは顔とジェスチャーの認識に使用されます。 適切な測定デバイスを見つけることは、プロセスの品質と持続可能性、およびユーザーの安全を確保するための最初のステップです。