Solutions

アプリケーション

Ophirはレーザーを使用するアプリケーションにおいて、医療、プロセス、アディティブ マニュファクチャリング、産業材料加工など、高い性能が要求されるアプリケーションが急成長する中、40年以上の経験と業界随一の実績で培われた光計測のソリューションを提供します。

下記のアプリケーションから関連する項目をクリックして、Ophirが提案するソリューションをご覧ください。または直接お問い合わせください。

レーザー材料加工

今日、鋼材の切断から、シリコンのビアホール穴あけ加工、プラスチックのマーキング等、材料加工のあらゆる分野においてレーザーを利用することで、これまでに無い成果をあげています。
詳細はこちら >

アディティブマニュファクチャリング

アディティブマニュファクチャリング(AM)の技術により、軽量・複雑な機械部品でも迅速、かつ自動的に「特注製造」することが可能となっています。
詳細はこちら >

LEDの測定

LEDは幅広い用途において急速に従来型の光源にとって代わりつつあります。LEDは小型、安価で、かつ電力効率が良く、寿命が長い等、その利点を挙げたらきりがありません。
詳細はこちら >

理科学研究

現代の科学が本来の役割を果たせるのは定量化の恩恵であり、確実な成果を挙げるための条件は正確な測定と計算です。
詳細はこちら >

IPL

脱毛、肌の再生、特定皮膚疾患の治療、これらはすべてIPLの一般的な用途です。
詳細はこちら >

目の安全性

たとえ低出力のレーザービームでもヒトの目には危険です。
詳細はこちら >

カスタマイズドソリューション

プロセスが期待通りの動作を確実に継続するよう、カスタマイズされたレーザー計測ツールをシステムに組み込んでレーザーのパフォーマンスをモニタリングすることは、合理的なアプローチです。
詳細はこちら >

光ファイバー

ファイバーから出射されるビームの場合、小さな開口部から発散ビームが出力されるため、ビーム形状が異なり、その取り扱いにおいてはしばしば混乱があります。
詳細はこちら >

テラヘルツ計測

テラヘルツ放射のユニークな特性は医療用画像処理(例えば癌検出)、物質の特性評価、高速通信、および国土安全保障上の監視等の用途に利用可能です。
詳細はこちら >

医療分野

レーザービームは、精密に制御された方法でかつ物理的な接触なしにエネルギーを伝達する手段を提供するもので、レーザーが医療分野で非常に多くの用途に応用されていることは当然と言えます。手術機器としてのレーザーは従来のメスに代わる手段として様々な種類の組織を切開すると同時に、血管を焼灼するので出血を最小限に抑えることができます。
詳細はこちら >

VCSELs

垂直共振器型面発光レーザ(VCSEL)は半導体レーザーダイオードの一種です。端面発光レーザーダイオードとは異なり、VCSELは上方に発光するので、単一チップ上に数百もの発光体を含む発光体アレイとして容易にパッケージングすることができます。
詳細はこちら >