航空

最小であることが重要なケース

サーマルイメージング機能を搭載した商用ドローンやクアッドコプターは、送電線や石油パイプラインの検査、森林火災の早期発見、インフラのセキュリティ対策、視界の悪い環境や暗闇の中でも火災の位置を特定して評価する消防活動などに重要な役割を果たします。最先端の赤外線光学アセンブリを設計し提供します。

Ophirは、過酷な条件下の空中における視認性を向上させるために、小型形状、超軽量設計、低消費電力という厳しい要求に応えています。

Ophirは、ドローンのMWIRとLWIRイメージングをサポートする固定焦点、電動焦点、ズームレンズを備えた幅広いIR複合レンズアセンブリを開発、提供し、ドローンやクアッドコプターという新しい用途向けの赤外線イメージングのグローバルソリューションを提供します。

Ophirの研究開発チームはお客様と協力して、ドローンやクアッドコプターのサイズ、ウェイト、パワー(SWaP)の制約に対応する製品の開発と設計を行い、世界的に知られている他に類を見ない光学性能を実現しています

製品特性

  • 小型ジンバルに適合するスモールフォームファクターレンズ
  • 超軽量ズームと固定焦点レンズ
  • 高い光学性能
  • 低消費電力
  • 高耐久性 (HD) または低反射硬質炭素 (LRHC) ARコーティング
  • 高速視角変更
  • ズーム全域で一定のF値を維持する連続ズーム
  • ズーム全域で正確な照準
  • 主要なMWIRディテクター、LWIRディテクターとの互換性
  • 回折限界の光学設計
  • アサーマル補償
  • ズーム全域で焦点を維持
  • プリセット、不連続光学ズームポジション
  • RS 485またはRS 232を介するCPU制御

航空用途向けIR軽量レンズ

お問い合わせ