アプリケーションノート:UAVおよびドローン向けの、SWaP制限事項に適応した、高度なIR光学アセンブリ―

概要:UAV産業はここ数年で著しい進歩と成長を遂げています。この成長に伴い、開発が進むUAVやドローンの赤外線撮影システムには、より大きなサイズとより小さなピクセルサイズのディテクターの登場など、UAV光学系の新しい課題が生じています。

アプリケーションノート:自動車ナイトビジョンシステムおよび高度運転支援システム (ADAS) 用のIR光学系

概要:視界不良、特に夜間や霧、煙、豪雨、雪などの悪天候下の視界不良は、世界的に交通事故の主な原因になっています¹。ナイトビジョンシステムは、特にこのような困難な状況下で、車両や歩行者の安全性を高めるためにしばしば使用されています。このようなシステムの光学系開発には、衝突のリスクを最小限に抑え、最大の性能を発揮するために、高画質の赤外線画像と遠距離の物体検出機能が求められます。

アプリケーションノート:ドローンの光学ニーズに応える

最近のUAVシステム開発では、UAV業界の光学的ニーズが注目されています。ディテクターが大型化しピクセルサイズが小さくなるにつれて、より高いMTF値とより低いF値を備えたUAV光学系が、撮像性能を最大化する鍵になります。