アプリケーションノート:UAVおよびドローン向けの、SWaP制限事項に適応した、高度なIR光学アセンブリ―

概要:UAV産業はここ数年で著しい進歩と成長を遂げています。この成長に伴い、開発が進むUAVやドローンの赤外線撮影システムには、より大きなサイズとより小さなピクセルサイズのディテクターの登場など、UAV光学系の新しい課題が生じています。

アプリケーションノート:自動車ナイトビジョンシステムおよび高度運転支援システム (ADAS) 用のIR光学系

概要:視界不良、特に夜間や霧、煙、豪雨、雪などの悪天候下の視界不良は、世界的に交通事故の主な原因になっています¹。ナイトビジョンシステムは、特にこのような困難な状況下で、車両や歩行者の安全性を高めるためにしばしば使用されています。このようなシステムの光学系開発には、衝突のリスクを最小限に抑え、最大の性能を発揮するために、高画質の赤外線画像と遠距離の物体検出機能が求められます。

ウェビナー–ドローン用のIRオプティクス:最小限が重要

While drones are relatively new additions to the military’s stable of high-tech robotic systems, ground-based robots have been in use for more than a decade. From detecting, defusing, and disposing of explosives to working side-by-side with soldiers in the field, robots have found a myriad of applications within the military. In this webinar we’ll present products case-studies for the drone and UAV commercial and defense markets. The webinar highlights how robotic systems – both airborne and ground-based – are easing the risks and burdens faced by modern warfighters.

高性能ミラーの製造

When it comes to long-range, multispectral optical systems, large mirrors play an integral role; there are tens of thousands of optical units containing large mirrors around the globe. With minimum diameters starting at 200 mm, the largest mirrors range from 8.2 m in diameter (single mirrors) to over 10 m (segmented). They take many shapes — spherical, aspheric, parabolic, or freeform — and are used for a wide spectrum of light, including visible, UV, and IR.

アプリケーションノート:ドローンの光学ニーズに応える

最近のUAVシステム開発では、UAV業界の光学的ニーズが注目されています。ディテクターが大型化しピクセルサイズが小さくなるにつれて、より高いMTF値とより低いF値を備えたUAV光学系が、撮像性能を最大化する鍵になります。