レーザ フォトダイオードセンサ

フォトダイオードセンサは、数nWの極微量な光から、2mW程度の光出力レベルに至る、広範囲の入射パワーに対して、驚くほど直線性の良い出力特性を持っています。このパワーレベル以上の光量では最大約1mAの電流値に相当するため、光センサとして出力飽和を起こし誤って値を低く表示させてしまいます。そのためオフィール社では、ほぼすべてのフォトダイオードセンサに着脱可能でコンパクトな外部フィルタが同梱されており、広い波長領域で飽和すること無く最大で3Wまでものレーザパワーを測定できるセンサまでラインアップされています。