技術情報

1976年以来、オフィール社 (Ophir Optronics)は世界的なIRオプティクスの設計製造分野におけるマーケットリーダーです。オプティカル、メカニカル、エレクトロニック設計能力に優れ、研磨、ダイヤモンドターニング、コーティング、アセンブルなどの製造技術のスペシャリストです。高精度で独創的なカスタマイズ品も低価格でご提供いたします。

オフィール社の研究開発部門は、レンズサブアセンブリやCO2オプティクス製品のレンズ設計開発、製造技術の改善に力を注いでいます。

研究開発部門の目標は、高い製造効率で、高いオプティカル&メカニカルパフォーマンスを実現するレンズアセンブリを開発することです。アプリケーションに最適なカスタマイズ品をご用意いたします。

Ophir Optics Group - Infrared Optics - CNC Polishing
赤外領域、VIS領域、UV領域で使用する球面エレメント、ウインドウ、ドーム、プリズム、ミラーなどを従来の研磨技術で製造しています。 研磨部門では、大量生産で高精度な光学部品をはじめ、試作品や数量限定品など、使用用途が幅広く高性能な光学部品を製造可能な独自の製造能力を有しています。

Ophir Optics Group - Infrared Optics - Coatings
オフィール社は、あらゆる母材に最適な最新オプティカルコーティングの開発、製造、そのコーティングを採用したアプリケーション分野においてワールドリーダーとして認められています。

Ophir Optics Group - Infrared Optics - Diamind Turning
ダイヤモンドターニング部門は1981年にオフィール社内に設立されました。最新ダイヤモンドフライカッティングとチューニングマシーンを採用しています。 ダイヤモンドターニング技術を生かして、Ge、Si、ZnSe、ZnS、ZnS マルチスペクトラル、CaF2、 GaAs、AMTIR、PMMA、Al 、Cuなど、さまざまな母材に対して、最高レベル品質の表面精度で研磨しています。

Lens Assembly
オフィール社では、最小必要枚数の光学エレメントを使用して、要求の高い光学仕様、メカニカル仕様、環境動作仕様を満たしたレンズ設計および製造を行っています。
精巧な光学コンポーネンツ(非球面レンズ、回折レンズ、球面レンズ)と、比類ないコーティング、熟練した光学・メカニカル設計の、3つの独創的な組み合せ方によりオフィールのSupIR™レンズ サブアセンブリは高品質を保っています。高い専門技術の集約のもとに、低価格も実現することができました。

Ophir Optics Group - Infrared Optics - QA
オフィール社のエキスパートの12%が、広範囲におよぶ品質管理に注力しています。ISO 9001:2000認証取得しているオフィール社は、20年以上に渡りMIL規格を満たした高水準の光学部品をご提供しています。品質管理部門では、オフィールが開発した独創的な技術の他、最新の測定試験機器を複数採用しています。